Rushがニューアルバムを出すようだ。今回はオケ(オーケストラ系)もたくさんあるらしい。プロデューサーは「金に糸目はつけない」といった。どんどん作ってすぐにリリースするとのこと。制作に1200のループ(?)を使ったが、さらに1600使う予定らしい。 俺…

(夕寝の夢)夕方遅く。実家にいた俺は。宝くじを買いに(替えに?)街に行こうとしていた。宝くじはソファか何かの家具の隙間に(10枚くらい?)隠してあるはずだったが、なかなか見つからない。 すると母が俺に気づいて「(街に行くなら買い忘れの物を)買…

その1)俺は巨大でセレブっぽい高級マンションの住人だった。そこの3階に住んでいるようだ。マンション自体は20階建て以上はある高層だった。 エレベーターは2種類あるようだ。俺が使ったのはフロアごと上昇するもので、スケールの大きさにけっこう驚いた。…

見知らぬハイソっぽい中年男から、音楽用の小さな謎の機器A(MIDIインターフェースっぽい?)をもらった。それは会社の経費で落ちるらしく実質タダだった。それは作業現場にすでに送られたらしい。 現場は郊外の道路(工事中っぽい?)にあった。Aはすでに届…

実家らしき居間にいた。テレビを見ると、予約してあったのか自動でチャンネルが切り替わり、母が朝ドラを身始めた。 母は「比島(に行きたい)」といった。俺は「比島?」と聞き返した。朝ドラの舞台らしい。 母「瀬戸内にある島だよ」俺「まーた瀬戸内かよ…

その1)エレピ風(?)のキーボードに向かい、俺はEFGABのような5音のクラスターコードをHollow Lead(?)のような音色で弾いた。 向かい(?)に渋いおじさんがいて、俺と同様キーボードに向かっていた。彼は俺が弾いた音に興味を示し、それを取り入れた…

その1)小田原方面に用があり小田急のある駅にいた。ホームに来ている電車は特急のようだが、ここは相模大野の隣の駅のようだ。普段は止まらない駅なのだがその電車はそこが始発で、途中から特急運転になるようだ。 そのおかげで、俺はがら空きの始発電車に…

その1)タモリの地元福岡でブラタモリ風の番組をやっていた。タモリは(屋外で?)地元産の食事をしながら「田舎の農家の飯(野菜)は本っ当にうまいね」といって感動していた。 タモリは鍛えているのか、リアルより腕が少し太かった。 その2)ある関取2人…

その1)あるバイト先にいた。最近『フライングフェネット』という画期的なWebブラウザがサードパーティーのメーカーから発売されたとのことだった。FinderとSafariを一体にして新しくしたような感じ。説明を見ていると、地味なApple製にはないポップさ(?…

見知らぬ会社(先進企業っぽい感じ)でバイトしていた。あるとき、上司の男Aがきて俺を(社員に?)抜擢したいという。まあ、大学は出ているが薬学部だし全然専門外なので困惑していた。よくわからないがAは俺のことを高く買っているらしい。

昼、実家の旧キッチン(リフォーム前の位置)にいた。母が何かの料理を作っている。知らない子が2人いて、母は「江田君(小6くらい)と今田君(小3くらい)」と呼んでいた。(特に江田君は?)冷蔵庫を勝手に開けたりちょっと生意気な感じもしたが、子供だか…

東南アジアのようなところにいた。そこでたまたま出会った(?)父(故)と少しぶらついてから、囲碁を打つことになった。 父は強い(有段レベル)し俺はルールすらよく知らないので勝負は明らかだが、とりあえず付き合った。陣地を取らせないように打つのは…

実家らしき居間にいた。父(故)や母と家系の話をしていた。父は「十何世代たってもほとんど顔(などの特徴)が変わらない(血の濃い)家系もある」といった。父はその血筋らしい。 俺は果たしてどうかという話になった。父は「どうだろう」と即答はしなかっ…

巨大なボート(または中型のクルーザー?)に乗り込んだ。4層くらいの構造で、第2層まで下りた気がする。くつろいでいる欧米人の男と何人かすれ違った。 (軍?)船の機能として、様々な役割の席があった気がするがよく覚えていない。 艦長席らしき舵と主砲…

その1)『てもみん』のような施術の店にいた。若い女たちが俺の尻(のツボ?)などを深く指圧して、気持ちよかった気がする。 その2)医療機関の広い部屋にいた。強面っぽい医者、若い女の看護師など何人かいて面談していた。口の中の上の方に小さな細いで…

誰かと(?)何かをよく調べた(?)結果『敦賀何百 東京何百』(300-400くらい)という数(の比率?)を導き出した。

その1)ある男Aにアニメ系のコレクションを見せられた。Aは特に読んでいる雑誌を見せたいようで、マンガ誌や小説誌を俺に渡した。小説誌は聞いたこともないマイナーな雑誌だ。俺は「ピンナップ(絵などがちゃんとあるので)がまともなだけでしょ」みたいな…

駒大苫小牧の試合を見ていた。ユニフォームはリアルとデザインが違い、文字に黄色い枠があったりフォントも違う。相手は強豪校、かつては強かったが現在の駒苫は格下という感じで、序盤は相手リードしていた。 イニング間の外野の守備練習では、全然取れない…

見知らぬ倉庫でバイトしていた。バイトの若者らが中心となり、そこから商品を盗み出すことになった。上の者がいない時間を見計らい、皆は次々と運び出していった。高価な品や食品が多いようだが、計器(?)が入った重いものもあり俺はそれを持っていった。…

俺に電話をかけてきた誰かの住所を突き止めるため、見知らぬ地図を見て、今いる学校の近所を探し歩こうとしていた。その日の授業の合間で抜けて、いったん実家らしき家に帰った。 すると、ガラケーがバイブで鳴っていることに気づいた。間に合わなかったかと…

デパートか何かのイベントにいた。若い坊さんが3人いて、来ていた人々の何かを供養していた。 それが終わった後、人々はお布施を払っていた。俺もいくらか出そうとしたが貧窮しており、どうするか迷っていた。1人の坊さんが「お心遣いだけで。財布の薄さを見…

倉庫でバイトしていた。今日の分の作業は終わったはずだが、バイトNLの派遣NDさんが、残ってまだ仕分けをしたいという。不思議に思って訊くと、NDさんは「宝くじが当たったんです」といった。「宝くじ?」と俺はいった。出荷の物に宝くじが入ってるくらいで…

その1)見知らぬ部屋でネットの友人Rと過ごしていた。Rとはいい感じで手をつなりだり(?)などして、これから付き合いそうな雰囲気だった。Rの方がわりとリードしてくれて『するより、された』感じだった気がする。 【洞察】Rは小説家(志望)だが、今さら…

その1)ある街中の遊歩道を歩いていた。そこでは祭りのような行事が始まろうとしていた。通りづらいし邪魔になるかと思い、俺は左に平行している車道に移った。 それらの道は中央林間に向かっていた気がするが定かではない。 その2)誰かが「藤沢はなんで…

ロッテはしばらく不振だったが、チームやユニフォームを刷新して昨シーズンは2位だったという。副監督として磯野貴理子が採用された。彼女は昔、ロッテのチアをやっていた。その縁が元になったらしい。 また、清原と高槻というベテランが引退から復帰してチ…

その1)神奈川かどこかの地図を見ていた。俺は県のかなり外れの何もない田舎に住んでいた。県境(?)を越えてさらに奥地、道の終端にあるドラッグストアでバイトしているようだ。 やがてその辺りは開発されて、客(特に土木関係の人)が増えて忙しくなりそ…

(巨大?)倉庫でバイトしていた。ダンボールに入った荷物について、積み方などを検討していた気がするがよく覚えていない。

あるボクサーAが不正を行ったようだ。しかし、その男が試合会場を去るとき、ある女優がある団体にまぎれて外に出てAの身代わりに(待ち構えていた警察に)逮捕されるという記事を見ていた。 その事件を画策したのは(ジムのボスの?)老人Bだった。 千原ジュ…

倉庫かどこかでバイトしていた。そこにいる60〜70代くらいの婆さんAに連れられ、屋外の飲食店(?)の前に行った。Aは俺に「みんな(俺のことを)Nさんと呼んでいる。それだけ信用があるからだろうが、自分もそのように呼んでいいのか?」みたいなことをいっ…

(誰かにもらった?)瓶入りの日本酒を見ていた。銘柄は『リリースのひとこと』という名前で、その下に『(東京あかん)』と書いてあった。