その1)見知らぬ体育館のような所にいた。これからここでバンドの祭典か何かがあるようだった。ステージはなく、出場するバンドはあらかじめ決められた自分のスペースを確保していた。

俺が所属するバンドは3人で、皆でうなずいて気合いを入れた。

会場の一番奥が広く空いていた。そこへ俺のバンドメンバーのタイガージェット・シン(?)が侵入した。そこにスペースの主のU2の面々が現れた。ボノ(リアルとは様子が違う)をはじめとして彼らはちょっとおどけて見せると、一斉にスペース内の床をぞうきんのようなもので乾拭きしはじめた。

侵入していた無名のうちのバンドメンバーが、超ビッグネームのU2のボノに怒られる図を予想して、俺は思わず笑ってしまった。だが、怒られることはなかったようだった。

 

【洞察】無意識下で、作曲の準備をしているのか。全然聴かないU2が出てくるのがよくわからない。政治的な影響力でもあるのか? あるいは超メジャーバンドに切り込む何かの要素があるのか?

 


 

その2)サッカーの日本代表チームが、控えていた家から出るところだった。俺は彼らについて行くべく、誰かの車に乗ってスタジアムらしき場所に向かった。

郊外の道を行ってほどなく、辺りがまぶしく感じた。解説の(女の?)声があり、今日は太陽が12個に見える日なのだとか。地球との位置の関係で、レンズ効果か何かで、12方向の水平線に上半分の太陽があるように見えていた。

 

【洞察】

1.前半はやはり作曲の準備が行われているように思える。

2.「太陽が12個に見える」というのがよくわからない。「12」は時刻あるいは船の12方位に関係すると思われる。どの方角を向いても太陽なので、今日は何をやっても上手くいくということなのか?

 


 

その3)小学校からの帰り道、大学生くらいのタツを見かけた。休憩所のようなベンチで何かした後、タツもそこにやってきたので少し話した。彼は白い箱の真ん中に貼り付いた、女神のお守り(?)のようなものを持っていた。俺は「それを買った覚えがあるんだけど」みたいなことをいった。タツは「これは俺が買ったんだよ」といってしまおうとしていた。

タツは中古CDを売る仕事をしているようだった気がする。

その1)F社KN店っぽいインストア薬屋でバイトしていた。30代くらいの女客Aがきて、正官庄の錠剤(240錠くらい?)の瓶をガラスケースから取り出し、レジに持ってきた。俺はJANコードをスキャンしたがエラーになってしまった。どうしたものかと悩んでいると、Aは「怒って帰るかもしれない」みたいなことをいいだした。

俺は慌ててガラスケースの中をよく調べた。すると新しいパッケージの正官庄が2種類あるい、それを持っていった。Aはいつの間にか50代くらいの別の壮年女になっていて「風邪のときはこれがいいのよね、労働があるから」みたいなことをいった。Aは高級そうな店か何かで働いているようだった。

2種類の正官庄は、従来のに近いやつXと、高級そうな装飾のあるパッケージYがあった。どっちがいいのか訊かれて「Yの方が効きます」と答えた。AはYを買うことにした。錠数は従来品に近い270錠にした。スキャンすると6520円くらいだった。

 

【寝る前の思考】明日は作曲をやるのか休むのか。

【洞察】

1.けっこう価値のある曲を書くことを予見しているのかもしれない。

2.正官庄が出てくるときは特別な事情で、それを買うべきかもしれない。Aのいう「風邪」は心の風邪(鬱や精神・神経症状)のことで、それでも曲を書く必要があるから2ヶ月くらい(お盆まで)飲んでおいた方がいい、ということかもしれない。

 


 

その2)ある駅の構内にいた。薄暗いが辺りは広々としている。そこで下宿に帰る電車を待っていた。1本では帰れないようで(町田かどこかで?)乗り換えの必要があった気がする。

入線してきたのは数両の昭和っぽい肌色朱色カラーのディーゼルカーだった。ああこれだと思い、スマホか何かで写真を撮ろうとした。車内にはすでに中学生くらいの少年が何人か乗っていた。

 

【洞察】実家と下宿の帰る行程で意味の違いがあるのかどうか、いまだによくわからない。

 


 

その3)朝、実家らしき居間にいた。高校かどこかの学校に行こうとしていたが、始業時間までギリギリという感じだった。バスで行こうと思ったが、手稲方面というのはわかっているが、正確なバスルートを覚えていなかった。「久々だから忘れちゃったよ」といった気がする。母に訊いてみたが、やはり不正確な感じだった。

いつの間にか現地にいた。そこは学校というより温泉プールのようだった。そこでは、お湯に沈められてしばらくして浮き上がる、ということをやっていた。サウナのような効果があるらしい。

ビートたけしのナレーションの声がして(中略忘れ)(いろいろあった末に)「彼は寿司握り機を開発したのだった」みたいなことをいった。

 

【洞察】「寿司握り機」は、作曲の何らかの手法を編み出すことを暗示しているのか?

 


 

その4)かなと見知らぬゲーセンにいた。10円メダルゲームのようだが、奥に筐体があり手前に料金ボックスがあるという見たこともないタイプだった。筐体がいくつか横に並んでいて、後ろはスペースでギャラリーや順番待ちがけっこういた。

かなはそのゲームをやってみたが、何も当たらなかった。

帰る前に俺もやってみることにした。両替機を使うと半分メダル(?)になってしまうので、100円か50円をかなが持っている10円玉すべてと交換した。なぜかその中に大きなメダルが1枚混ざっていて、それはかなに返した。

料金ボックスの前に立ち、10円と薄く白い煎餅菓子をごっちゃにして持っていた中から菓子を抜いて10円玉だけ集めると、俺は(もしいるならと)神にお願いした。「当たってくれるなら、かなに全部あげていいから、俺は何もいらないからさ」みたいなことをいった。

 

【洞察】本心らしき象徴的な夢に思える。自分は何もいらないから、創造性(作曲)のために(金もエネルギーも喜びも)すべてを捧げたいということか。

その1)飛行機の見知らぬ横スクロールシューティングゲームをやっていた。最終ステージまで行ったが、最後の最後で急に細い抜け道(R-TYPEっぽいと思った)になり、難しすぎてクリアできなかった。ここまでよくやったしそれなりに面白かったが、2度はやらないなと思った。

 

【洞察】昨日の作曲の評価なのか、あるいは昨日見た映画(メイズランナー)のことか。

 


 

その2)ネット麻雀をやっていた。混一色系のそれなりに高い手を聴牌しようとしていた。そのとき、小さなオケヒット音と共に、画面中央に大きく『文字によるコンテスト』と表示された。

 

【洞察】

1.「文字によるコンテスト」とは小説の賞のことなのか。もう13年も書いてないしネタも何もないが?

2.それが絡んでくるマンガ(あくたの〜)か映画(三丁目の〜)のことかもしれない。

その1)日ハムの試合をスタジアムのセンター側から見ていた。ハムの0番の選手が1号ホームランを(バックスクリーン近くに?)打った。次のバッターは51番で「田中コウセイ」とアナウンサーはいった。さっきのリプレイが出て、0番は「田中ユキノブ」と呼んでいた。

解説の男は0番について「打率は.280とチームの中で最もいいんですが、そうとは思えないほど地味な活躍ですね」といった。

 

【寝る前の思考】エアコンも古くなってきて喉が痛いし、もうこの部屋は限界だ。今年中に絶対移住したい。

【洞察】答えているようには思えないが。作曲についての話なのかよくわからない。「打率はいいが、これまで得点にからむ活躍をしていなかった選手がホームランを打った」ということは、成果を出せなかったジャンルでヒットを出せるということなのか。

 


 

その2)同じようなプロ野球の試合で、コーチの方が活躍(戦闘機を2機撃墜?)した気がする。

 


 

その3)F社SO店っぽい薬屋でバイトしていた。雑貨の客から問い合わせがきたが専門外なのでわからず、薬コーナーの隅にいた先輩の浅野に訊いた。浅野は「雑貨の〇〇さんに訊いて」といった。俺がいない間に雑貨担当がすっかり入れ替わっていて、俺は「顔と名前が一致しないんですが」といった。

浅野はそれには答えず、天井の古びた蛍光灯を見上げて「(時代遅れの)それを今さらまた注文しなきゃならない」みたいなことをいって嘆いていた。

 

【洞察】

1.得意分野ではない作曲の機会を示しているのか?

2.蛍光灯は明滅することから、時代遅れの古びたそれは、買おうか迷っているディレイエフェクトのRelayerのことか?

その1)見知らぬ小学校(?)の校庭らしき所にいた。

(中略忘れ)

ある少年Aが正方形に近い大きな石の塊を持ってきて「これが何でできてるか(分子式を)当ててみろ」みたいなことをいった。俺は少し考えたが、なんともよくわからなかった。するとAは「FeO2」といった。俺は「なんだ(酸化)鉄か、重金属とか難しい物質が混ざっているのかと思って答えられなかった」みたいなことをいった。

それにしてもFeならありふれているので、問題にしなくてもいいのでは? と思ったような気がする。

 


 

その2)ドリマトーンの教室を辞めようと思っていた。今は3月でレッスンはあと1ヶ月(4回)残っているが、今やっているELP(?)か何かの曲の弾き方だけでも教わってからにしようかとも思った。

だが、もう15年もやってきたので、最後の週だけ出て岡村先生に花束とかもらったりしてもひどく恥ずかしいし、やっぱりもういいかなと思った。

 

【洞察】

1.今日は作曲をやりたくないということと思われる。

2.今月で15年やってきた作曲の1つの区切りがある(それまでに書くべき曲はもう書いた)ということかもしれない。

 


 

その3)見知らぬ実家の物置か作業部屋のような所にいた。物を運んだり作業したりしたかったが、部屋が一瞬で砂漠になったり夜になったり落ち着かない。作業は夜のときに少しずつしか進まなかった。

だがそのおかげ(?)で、見知らぬ少年は太いシリンジのようなものを使って、アイスの作り方を開発した。

 

【洞察】作曲は暑くない夜の時間、あるいは創造性が枯れていない日に、ぼちぼち進めていくしかないということか。毎日やるよりは、その方がこれまでにない曲が作れるということかもしれない。

 


 

その4)見知らぬ駅のホームにいた。ある未来的な高架鉄道のテーマ曲について考えていた。それはある程度できていたが、実際その車両が入線してきたとき、これまでと同じようなパターン(シーケンスなど)を使っていたり、テンポが遅かったり(80くらい?)、クラシカルなロックだったりということに気づいて、課題が多いように思えた。

 

【洞察】今後の作曲の展望かもしれない。これまでと同じような傾向の曲は作りたくないということか。

その1)(前略忘れ)ある男Aがどこかで何かした後、南米かどこかのストリートにやってきた。そこに黒人の情報屋Bがいて、どうなったのか訊いた。Bはそれを話したが、よく覚えていない。

その後Aは、辺りの広場であるユニットの連中をつかまえ、ここでライブ演奏をやってくれと依頼した。それは『ウォンク』というジャンルの音楽で、レゲエとは違うもののようだった。

 

【洞察】作曲についての予見なのか提案なのか、よくわからない。

 


 

その2)薬屋でバイトしていた。問屋らしき営業の見知らぬ男Cがやってきて、販売価格についての実状を話した。俺は「うちは決まった客しか来ないから、安くしなくても売れる」みたいなことをいった。

Cは緑色基調の箱の『ウレバール』という尿検査用の試験紙を買っていきそうだった気がする。

 

【洞察】作曲についての話と思われる。曲調は客に迎合しなくてもいいということか。客的にも商品的にも専門性が高い感じに思える。

 


 

その3)旅で見知らぬ街のアーケード街にいた。俺は帰りのバス停を探していたが、この中にあるようだった。見つけた方は『行き』方面のようだった。反対側を見ると、そこにもバス停の立札があった。

先にそこにいた3人くらいの中年の女客たちに訊くと、ここは九州方面のバス停だという。他にもあるというので調べると、昔ながらの小さな切符販売所があった。そこで「新夕張まで行きたいんですけど」というと、販売員の壮年女Dは「夕張ならある」という。おそらく駅前にバスのそのターミナルがあると思い、切符を買うことにした。

ただDは「(先に乗る本州側の?)バス会社が運賃に使える貨幣の種類を指定している」みたいなことをいった。それは千円、五千円、一万円と紙幣のみだった。それは別に構わないと思った。

 

【洞察】自己へ帰る旅と思われるが、行き先がなぜ実家ではなく新夕張なのか。帰るついでに1つ曲を書いていくということなのか。

その1)実家(リアルとは様子が違う)らしき居間にいた。新年会のようで親戚たちがいて、鍋に妙なもの(何かのフルーツ?)を入れて煮ていた気がする。

 


 

その2)空港のようなところで、従業員の女A(橋本麻里っぽい)に何かの切符を見せ、切符代を払うことになった。母がまとめて払うことにしたが、5500円と思っていたようだが、切符を見ると5800円だった。

Aはなぜか、俺の方だけ差額を計算機で計算しはじめた。ピピピ...という電子音がすばやく鳴る。Aは68〇〇円と算出し「ラクエンシブ...」といった。足りないどころか随分多く返ってくるようだ。計算違いなのか? と思ったが、得するので黙っていた。

 

【洞察】

1.作曲の話なのかよくわからない。「ラクエンシブ」とは、インセンティブのことなのか? 労力に見合う以上の収入が見込めるということなのか。

2.楽園支部、だとすると、楽園のコミック(ぱらのまなど)の話か?