その1)(前略忘れ)何かの小さなステージに小林克也らしき男がいた。しかし、リアルとは姿がだいぶ変わっていて、ほとんど別人だった。その変貌ぶりや現在の異常な活動(?)を嘆き、俺は彼のもとへ近づいた。

小林は「俺のこと知ってるのか?」といった。彼は南国のワイルドな爺さんのような顔をしていた(リアルよりは若く見える)。

俺「俺が30代のときあんたはすでに50代だったよな?」小林「そうだ」俺「カツヤ・コバヤシを知らない人なんていないよ。英語は(ネイティブより)よく話せるし、音楽は何でも知ってる」

「そうか」といって、小林は感動していた。

「でも今の(若い)世代は......(小林は)テレビに出てないし(若者はラジオも聴かないから)知らないんだろう」と俺はいった。

「そうだな」といって、小林は寂しそうな顔をしていた。

 

【洞察】

1.小林克也はおそらく「洋楽を紹介する人物」「英語がよく話せる」などの象徴であろう。音楽を聴かなくなったことについて嘆いているのかもしれない。

2.作曲を引退してからは全くといっていいほど音楽を聴いていないが、特に問題は感じてはいないつもりではある。たとえ聴くことに関して復帰するとしても、現状ではiPodの容量に空きがあまりなく、新しいiPad miniなどを買わないと再び聴くことは難しいと思われる。

 


 

その2)俺は実家の居間で朝から受験勉強していた。父(故)から電話があり、親戚から電話があったか訊かれた。「ない」と答えると「電話がきたらいったん帰る」みたいな話だった気がする。

夕方だったか、母が帰ってきた。そのときはちょっと休憩していたが、勉強道具一式は広げたままだったので、咎められなくて済みそうだと思った。母は勉強をサボってないと判断したようで、安堵していた。

父がどうしたのか訊かれたので、電話の内容を話した。母は心配はあまりしてない様子だが「どうしたんだろうね」みたいなことをいった。

 

【洞察】受験勉強が何の象徴なのかよくわからない。読書習慣はいったんやめたし、今はゲームばかりしている。

 


 

その3)ある刑務所Xに送られようとしていた。囚人メンバーのある男は「(Xから)フランスの刑務所に移されたら、超厳重で脱獄は不可能だぞ」といった。

「脱走するなら今のうちだ」という話になった。逃げるためには1人では無理で、協力者(あるいは共闘者)が必要だった。

もし途中で誰かが捕まったりトラップか何かで落伍したら場合は見捨てていい、という約束事を交わそうとした気がする。落伍した1人を見捨てて遠くまで逃げた後、銃声が1つだけだったら、誰かから奪った拳銃でそいつは自決したんだろうと想像した。

 

【洞察】

1.刑務所はおそらく「仕方なくバイトすること」(特に倉庫バイト時代は『捕虜みたいだ』と常々喩えていた)を象徴していると思われる。

2.「脱走」はいわゆるバイト(自分が考えている範疇の望まぬ仕事)をやる以外の道がある可能性を示唆しているのか。しかしそれは1人では無理だということか。だが、今のところ「どこへ(あるいは何に)逃げるのか」とか、いわゆる「戦友」が現れる兆しは感じられない。

3.フランスの警備がなぜ厳重なのかはよくわからない。

4.後半は半覚半眠における頭が勝手に作り出した創作の可能性がある

空港のようなところでバイトしていた。俺は何かを誘導する仕事だった気がする。それは主に女たちの仕事で、俺も女だった気がするが定かではない。

『アシガラミサキ』という場所へ導く仕事がきた。アシガラは足柄ではなく、ミサキは海の岬とは違うようだった。

俺が属する組織は空港の外部にあるらしく、今回の仕事に関しては上の取り決めか何かで、指揮権はこちらにあるようだった気がする。

俺たちのリーダー格らしき女Aが、コントロールセンターのようなところの上部にあるデッキに現れた。Aは捜索で見つけた目的のもの(掌よりは大きい何らかの物体)を、センターにいる空港の主任らしき男Bに放り投げた。そういうやりとりが当たり前のように、Bは何気なく受け取った。これで指揮権も空港側に戻るようだった気がする。

その1)(おそらく薬科の)大学院でM2だった。卒業まであと数ヶ月しかないが、修論用の実験を全くしていなかった。担当の助教授KHにそれを話してみるべきか考えた。

これからやってもどうせ間に合わないし、早めに大学をやめてバイト活動の準備をした方がいいかと思った。

 

【洞察】

1.作曲家時代にもよく見ていた典型的なプレッシャーの夢と思われるが、作曲は引退しているので、ともかく現在継続的にやっていること(作家に復帰するための準備なのかよくわからない読書のことか?)を指していると思われる。だが、大学をやめた後の話もしているところが微妙に違う。

2.今やっていることをやめて(諦めて)バイトの就職準備をしろということか。では今まで夢で、小説の読書を何度か推奨したのはいったいなんだったのか。

3.昨日はエクストリームスポーツ的な思い切ったことを勧めておいて、今日は勉学・研究的なことは諦めろという。既存の知識やジャンルでは通用しないということなのか。

4.リアルで通っていた大学や大学院は「大して好きでもない(邪な動機の?)学び」という意味かもしれない。薬科大学は、化学が他よりは得意だとか女が多いとか、実家を出たいというだけの理由で入ったに過ぎないし、大学院は研究が嫌いなわけではないが本音は就職したくないだけだった。

 


 

その2)テレビか何かを見ると、浜崎あゆみがステージで歌っていた。リアルの彼女より肉付きがよく肩幅もある。顔を見ると眉をやたら太く描いていて、俺は母に「海苔みたいだね」といって失笑した。

俺はこの浜崎について「中森明菜をもっと健康にした感じ?」といって喩えた。

その1)父(故)が免許か何かの更新に行っていたらしく、そこから帰ってきた。父は生前の頃とは全然別人の姿や声の渋い爺さんになっていた。彼の仲間たちがテストの問題を予想してくれたおかげで合格したようだった。それはいいけど、ズルいなーと思った。

大きめの車に6〜7人乗った仲間の老人たちの写真を見かけた。彼らは陽気で楽しげだった。

俺はヤフー(ペイペイ?)か何かのクリック懸賞で、何かのカードが当たっていた。それをやった覚えはないし、冗談かと思ったが本当らしい。住所は登録してあるから勝手に届くんだろうと思った。それは(ガチではなくカジュアルな感じの)タロットのようなものだった。俺に占いでもやれというのかと思った気がする。

 

【洞察】

1.父(故)の姿が全く別人なのは、今までのそれ相当の能力や側面が、何の免許かはわからないがその更新も含めて、何か別のものに置き換わることを暗示しているのか。仲間の協力というのも見逃せない要素と思われる。

2.タロットのようなカードが当たったのは、予見や導き(あるいは巫女のような能力?)を新たに得ることを示唆しているのか。

 


 

その2)ある学校の大きな図書館にいた。他の皆はあちこちで通路などを掃除していた。俺は車輪のついた何かで掃除するフリをして、あちこち何か(文献?)を探しまわった。途中、大学時代のクラスメイトTRを見かけた。

調べることについて(?)調べていた気がするが、よく覚えていない。

 


 

その3)ある部屋で布団の上で横になっていた。隣の布団には何かのアーティストらしき見知らぬ男Aがいた。

テレビを見ると、ジャンプ台のランディングバーンを斜め上から見た画が映っていた。そこに通常のV字ジャンプする者、数メートル先に背面V字ジャンプ(地に背中を向けて飛んでいる)する者が現れ、2人は距離を保ったまま同時に飛んでいった。2人は見事に着地し、大歓声。

エクストリーム的なスポーツの先駆者らしき、赤いウェアの若い女が雪の上にひっくり返って喜んでいる。そこへ、ジャンプの2人が駆けつけていった。

Aはそれを見て感心した声をもらした。

ジェット気流を吹き上げる装置の上空で自由に飛んだり降りたりするスポーツのイメージがあった。人はどんな難しいことでもできそうな気がした。f:id:mabara:20210222114128j:plain

 

【洞察】

1.ありえないような荒唐無稽に思えることでも大抵のことは実現できる、みたいな話なのか。また、そういうこと(コンセプト?)を世に示すのがアーティストだといいたいのか。

2.エクストリーム的に飛び降りる(あるいは浮く)ということは(常軌を逸した?)何か思い切ったことをするという予見かもしれない。

その1)見知らぬ何かの事業所でバイトしていた。昼休みになった。昼食の買い方がよくわからないでいると、ある社員Aがやってきて、いろんな色の札とパンなどの弁当が対応していて工夫したという話を熱弁した。だが、最も安いものでも900円もするようで、気が引けた。

翌日、食堂の方へ行くと、奥のコーナーに大量の調理パンが積んであった。それが安くて買えるかどうかはわからなかった。

 


 

その2)ある外国の公園で、アジア人の若い女Bがベンチに座っていた。隣には欧米老人Cが座っていて、その後ろの方に欧米老人Dが立っていた。時々見知らぬ人がきてBの顔に何か処置をしていった。Bの顔はだんだん現地の老人のように変わっていった。

Cがふと、さっきまで若い女だったBを見てひどく驚き「あなたな何者なんだ?」みたいなことをいった。Bは女が老人役をやるときのような声で話し、何のことかわからず困惑していた。やがてBの彼氏(中国人だったか?)がやってきて鏡を見せ、Bは仰天した。

ほどなく新聞が現れ『この事件のせいで中東の大臣(?)が警官6000人をそこへ送り込むところだった』という記事を見かけた。

 

【洞察】

1.アジアのスパイ(Bがエージェント、彼氏がハンドラー?)のせいで、もう少しのところで大事変が起きそうだったという話?

2.中国による(あるアジア国に対する?)謀略が引き金となって欧米と中東が紛争することになる、という予見であろうか。

倉庫のようなところにバイトで出勤した。着いたのは夕方の5時で1時間遅刻だったが、しれっとして黙っていた。

同僚の男A(中学時代のクラスメイトTDとNNを合わせた感じ)が事務所の(?)ソファに座って休んでいた。仕事を急いで片付けようとしたところ、次から次へと仕事が増えてしまい、くたびれたらしい。俺は「がんばってもロクなことがないぞ」みたいな助言をしようかと思った。

NL社時代のTIっぽい社員によると、出勤などの記録はカードキーに変更されたとのことだった。パスワードを打ち込まなくていいから、という配慮らしい。しかし俺たちはこれまでの癖でパスワードを打ち込んでしまうようだった。カードの裏には『123 123○○○(失念)』という(デフォルトの?)パスワードらしき数字が書いてあった。

 

【洞察】

1.出勤時間や内容からすると、リアルバイトの話ではないと思われる。倉庫は読書などによる知識などの保管や出入の整理を象徴しているのかもしれない。

2.読書についてだとすると、本はいくらでもあるわけで、急いで読みこなしても次から次へと読むべきものがでてきてしまい、疲れるだろうということかもしれない。

3.カードキーとパスワードの違いは、何のことかよくわからない。

その1)アメリカのどこかの街にいた。一緒に来ていたらしい両親とはぐれてしまったようだった。

俺は父(故)が乗っていたらしい車の助手席にいた(なぜか右ハンドル)。埒があかないので、その席のまま運転してみることにした。元々免許はないし、当然ながらどうにもうまくコントロールできず危なっかしい。いくらか走ったところで、もう事故りそうなので適当なところで止めて車を降りた。

そこは、かつてはビルなどがあった感じの未再開発の地区のようだった。空き地に立つとすぐ人を見かけた。その若い女Aはどう見てもそうだと思い、俺は「日本人の方ですか?」と訊いた。Aは「そうです」といった。

俺は自分がどこにいるのかわからなくなったと説明した。Aについていくと、仮設らしき大きな浴槽(温泉かどうかは不明)があり、十数人の若い女や少女たちがしゃべりながら、着衣のまま脚から半身ぐらい浸かっているのを見かけた。

Aはここをニューオリンズだといった。年上のアメリカ人の女Bが(日本語で)「環境派の街に来たということね」といった。俺がさっきいた場所は『体制派』(おそらく主流勢)の領域らしく、その境界を越えてきたようだった。

別の女が「(その街にいたとき)いきなり背中からナイフで刺された」という話をした。

環境派の街は安全のようだ。両親はまだ体制派の街にいるようで、またそこへ行くのは危険に思えた。ケータイ(古い洋物のガラケーだった気がする)で連絡がとれないか考えていた気がする。

 

【洞察】

1.「体制派」というのは、現代社会を牛耳っている資本・経済第一主義の勢力のことと思われる。

2.「環境派」は「自然環境保護を目指している」あるいは「現環境の維持(いたずらに資源を消費してものを作ったりしない)を目的とする」もしくは「現代の劣悪な社会環境を改革・整備する」といった勢力のことかもしれない。そこには女しかいないというのも特徴的に思える。

3a.アメリカという風土は、その2つの勢力の対立が色濃い(日本は島社会で事なかれ主義なので対立が表面化しづらい?)ために選ばれたのか。

3b.「ニューオリンズ→ジャズ→黒人」という連想が成り立つ。つまり環境派は、体制派(白人・経済・資本)の対抗勢力(貧民・新しい社会主義→冷戦時代のそれとは異なる)を指しているのかもしれない。

4.体制派に刺されたエピソードや危険が多い話から、つまるところ「金儲けや稼ぐことを目指してもロクなことにならない」といいたいのか。「自己」は体制派の領域を脱して環境派の街に到達しており、その勢力にすでに属している(あるいはこれからそうなるという予見)ということなのか。

5.両親(左脳や右脳の主要な側面や能力と思われる)はまだ体制派(つまり金銭)の街から脱していないため、不安やジレンマが起きているということなのか。

 


 

その2)海外っぽいある山に登っていた。両親とは別のルートをとっていた気がするが、よく覚えていない。

登っていくと、斜面が急で道が狭い、剥き出しの岩場があった。そこを登るのはなかなか大変そうに思えたが、上の方からある家族連れの子供が降りてきていた。小学生くらいの少年が山道の狭いところにいて邪魔になっている。

とりあえず俺はそこまで登ったが、足場がほとんどない。ふとふり返ると(登ってきたときと違って?)ものすごい高さの崖になっていた。落ちたら死ぬという恐怖に包まれた。子供がどいてくれるまで、とにかく落ちないように岩にしがみついた。

ふと気づくと、板でできたつぶれた六角柱のようなものを抱きしめていた。辺りはビジターセンターのようなフロアだった。途中から幻覚を見ていたんだと思い、急に恥ずかしくなってその台から飛び降りた。

欧米美人のスタッフCがやってきた。Cはちょっと笑っている。俺は低酸素症だったのではと思い「Low Oxygen ?」と訊いた。案外ネイティブみたいな発音で、一瞬自分で微かに驚く。Cは笑顔で肯定した気がするが、よく覚えていない。Cは(回復のためか?)俺をどこかへ連れていこうとしていた。

 

【洞察】

1.自分が崖から落ちそうな危ない状況にある(おそらく経済的に)という感覚は幻覚にすぎない、ということなのか。

2.頭を使いすぎている、あるいは心身が落ち着かず呼吸が浅い(?)ために(魂や精神的な?)低酸素症に陥っており、そのような幻覚や思い込みに苛まれているということなのか。

3.危険と思っていた場所(現状)は、実はビジターセンターのような安全・休息・情報などを得るところだった......つまり今はまだ、休息や情報を得る期間であるということなのか。

 


 

その3)見知らぬ街で見知らぬマンションに向かった。そこの一室にある会社でバイトの面接があるようだった。

中に入ると、1階フロアはほとんどつながっていて、食堂などの営業・販売スペースになっていた。この階は全体的に濃い色の板張りで、和風で老舗の感じがしていた。ここはかなり古い建物のようで、粗く掘った部分も多く「強いていうなら洞窟?」と独りごとを口にした。

各店は土足では入れないようで、俺は膝で奥へ進んだりした。上の階へ行きたいのだが方法がわからない。

奥の店の女将Dがやってきて「(他の店もそうだが)勝手に入ってはいけません」といった。俺は「どうしても2階に行きたいんですけど。そこで会社の面接があるんで」といった。Dは「ああー、そういうこと!」といって手を打った。Dはそこへのルートを教えてくれそうだった。

2階には様々な会社が入っているようだが、どれも小さいようで、不況とか何かあったらすぐ潰れそうだけど大丈夫かなと思った。

 

【洞察】

1.これからやりそうなバイトを予見・暗示している可能性はあるが、よくわからない。

2.1階は食うための(古くからある?)仕事、2階は本職、みたいな話であろうか。しかし1階の店に勝手に入ることは禁じられている。つまり食うためにバイトをやることはまだ考えるなと、いう示唆にも見える。

 


 

その4)旅か何かで見知らぬ街にいた。そこは大きな街の外れの方だったか、古い建物ばかり並んでいた。

俺はある神社からもらってきたある物(交換用の仮の品物)を、目的の物Xに換えてもらうため、ある店の前に立った。土産物屋か菓子屋かよくわからないが、かなり古そうな店。

庇から垂れ下がる大きな白い幕の中に入ると、中年の店長らしき男Eと、完全に白髪のバイトらしき爺さんFがいた。風のせいなのか見えざる力なのか(後者のような気がする)幕に背中をぐいぐい押され、もっと中に入るよう暗に促された。

俺はXをもらうため、Eに白い紙箱に入った物(掌より少し大きい)を渡した。Eは笑顔で受け取ると、Xを取りに奥に消えた。

Fは話し好きのようで、自分のことを次々としゃべり始めた。彼は自分で映画を撮影することが好きなようで「それだけはちゃんとやって、あとはここで働くんだ」みたいな話をしていた。

 

【洞察】

1.「神社からもらった白い箱」「老舗の白い幕」「完全に白髪の爺さん」ということから、目的の品Xは、神懸りなこと(自分個人ではなく神々の意志的な?)のように思われる。そのXが何なのかは、まだよくわからない。

2.Fの「映画撮影」はライフワークのことであろう。自分の話に照らしてみると、小説の執筆にあたる気もするが。それでは食えないので、結局はバイトをしなければならないということなのか。

3.老舗のそのバイトが、本当に巷のバイトを指すのか、別の何かの事業(店主Eは神社に託された神物を持っていることから、神の事業?)にあたるのか、それが問題である。