その1)夜、バスに乗りテストか何かの会場(?)に向かおうとしていた気がする。右側の真ん中あたりの席に、先輩らしき見知らぬ和服の若い女Aがした。Aは彼女の先輩らのいじめ(?)に対抗するため何か策を講じていた気がする。

右側の一番前の席には、倉庫バイトNL時代の大川がいた。彼とは以前、共通の話題で何か話していた気がするが、ここでは何も話さず「(尻が)寒、寒...」といってその後ろの席に座った。

 

【洞察】

1.和服の女は昨日書いた和風曲(Ji...)のことと思われる。大川は投資をやっていたようなので稼ぎに関することかもしれない。古いタイプの自己批判(?)に対策を講じ、商業的にもそれなりに対応した曲になったという評価か?

2.尻が寒いのは、そこだけ布団をかぶっていなかったせいかもしれない。

 


 

その2)昼、新宿らしき街角のクラブのようなところ(音楽は鳴っていない)にいた。やや不良っぽい若い男たちが、特に何をするということもなくたむろしていた。雰囲気がよくないので出ることにした。上靴のようなものを持って、こんな所は2度と来ないだろうと思った。

外に出ると、いつの間にか連れの欧米男B(イタリア人っぽい?)がいて、一緒に帰ることにした。来た道を引き返すのは嫌なので、このまま裏通りらしきところに出て目的の場所へ行こうと思った。その途中、高い鉄柱の上に座っているスーツ姿の奇妙な男を見かけた。

いつの間にか見知らぬ海岸にいた。B(あるいは別の欧米男C?)と、まだ火が少し残っている燃えカスをどこに捨てたらいいかという話になった。Bの提案で、ある家の前に捨てようとしたが、そこにはケイマンという種の2m以上ある大きな怪女がいた。

怪女は驚いて騒ぎ出した。するとBは女を背中から押し倒した。怪女は「ギャー!」と叫んで暴れようとしたが、Bが押さえつけた。その隙に燃えカスをどうにかしようとしたが、家の主人らしき浅黒い頭のでかい小人の外人(南米人か中東人かどこか不明)が2人出てきた。

Bはヤバいと思ったのか、腰をふって怪女とセックスしているフリをした。すると小人たちは「Oh、お盛んだな」みたいなリアクションをした(怪女は彼らの信仰の対象のような感じもあった気がする)。ここからどうしたものかと困っていた気がする。

 

【洞察】

1.よくわからないが、クラブ内の虚脱感や燃えカスということから、作曲やそのエネルギーの燃えカスがまだくすぶっているが、どう処理すべきかという話かもしれない。

2.ケイマン(ちなみにポルシェの名前、MFゴーストの影響か?)という怪女や謎の小人らは、創作の燃えカスを消化している感はある。

 


 

その3)見知らぬ海岸の方に向かって歩いていた。途中でアコギを持った痩せ気味の中年男Dに出会った。Dはあちこちで即興ライブをやっているらしい。これから浜辺でライブをやるらしく一緒にやるかと誘われたが、俺は急に思い出して「楽譜を持ってきてないから無理だわ」といった。Dは「そうか...」みたいに少し残念そうな素振りをした。

今回は俺も客として聴く側になるかなと思った。

 

【洞察】疲れたので数日は作曲はしないつもりだが、改めてそのことをを示していると思われる。

俺はある若い女Aと結婚するつもりでいた。Aは同意していたし彼女の兄(?)Bも異論はないようだったが、BによるとAの母親Cが古いタイプの人間で、難色を示すかもしれないとのことだった。

Bは、Aの姉(?)Dを訪ねて相談してはどうかと提案してきた。そこで俺はCに感づかれないよう(?)目立たぬルートでDに会いに行こうとしていた気がする。

 

【寝る前の思考】昨日の作曲(Unknown...)が全くできなかった。できなかったのは前回引退して以来じゃないのか。明日ダメなら今度こそ引退だ。さあどうする?

【洞察】 Aとの結婚が作品の完成のことだとすると、その意向はあるのだが、成績成果にこだわる古いタイプの人格・側面が邪魔しているということか。そこで何か対策を講じるべきとか、他の曲に手をつけてはどうか、みたいな話か。

その1)(前略忘れ)大通あたりにあるデパートらしきビルにいた。今は帰りで、父母と3人で階段を降りてきた。出口を抜けると扇形の広い階段があった。ここは3階の正面入口で、地上までさらに降りる必要があった。

母は「2階のパン屋に寄りたいんだけど」といった。俺は「ここは3階だし、パン屋に行くならいったん降りて(別の入口から)また上るしかないよ」みたいなことをいった。母がよく通っているらしい本格的そうなそのパン屋には俺も興味があった。

 

【寝る前の思考】明日も作曲をやるのかどうか。

【洞察】用事を終えて実家に向かいそうな感じなので、なさそうにも見えるが、心身の栄養を摂るにはまだ少しかかりそうなので、ありそうにも見える。

 


 

その2)(半覚半眠)スーパーかインストア薬屋でバイトをしていた。三宮さんからの引き継ぎでそこへ行くと、中年男の客が「ソーネローク」といった。それは化粧品の類の商品らしい。

 

【洞察】客と商品があるので、作曲の機会があるということかもしれないが、化粧品なので本筋のジャンルからは外れている?

 


 

その3)琴似(リアルとは様子が違う)らしき街を歩いていた。人混みの中、商店街を行くといつの間にかヨーカドーのビル内に入っていた。客を誘導する構造なのかなと思った。

食品コーナーはまだ開店前のようで、皆準備作業をしていた。店内や裏方のほうなどをまわって外に出た。

いつの間にか何もないコンクリ床の空洞で寝ていた。目が覚めるとまだ薄暗い(早朝か夕方かは不明)。立ち上がってタオルケットらしきものをたたむと、床の上に俺のMacBookらしきPCがあるのに気づいた。コンクリの上でも寝ようと思えば案外寝れるなと少し思った。

これからまたどこかへ行くのか、まだ実家には帰る感じではなかった気がする。

 

【洞察】

1.食品コーナーが準備中ということで、心身の栄養はまだ少し先ということかもしれない。

2.仮眠や仮休をとって(?)まだ作業をするということかもしれない。

その1)PCでメールを見ると『ヤフー競馬』というタイトルが1件あった。一瞬気づかなかったが、そんなものをやった覚えはないので「は?」といってすぐに削除した。

それから、知人らしき男Aに「乗っ取られたかも」みたいなことをいって相談した。

アクセスするIDのような十数桁の数字はわかるが、それを使うための先頭のキーとなる(英?)数字がわからなかった。今、見知らぬ若い女Bが使っているテレビのメーカーの例として、1桁のある数X(8だったか?)をあげ、Bは「パイオニアだとX」みたいなことをいった。それでアクセスキー全体では『1-X-十数桁のID(?)』となるようだった。

ただ、アクセスするときのテレビのメーカーが違うとXの値も違うので、役所(?)に入力しに行くときは、そこのメーカーの数値を知っていなければならず、どうしたものかと思った。

 

【寝る前の思考】何をしてもどうしても満たされない。常に不安がつきまとっている。

【洞察】

1.よからぬ思考に乗っ取られているということなのか。

2.テレビは自分を客観的に見ることを推奨しているのか?

3.アクセスキーは自分の真実や本心を開くための鍵なのか?

 


 

その2)FEっぽいゲームをやっていた。敵に踏み込んでいくとアラートが鳴り『HYDROGELABOWL(?)スイッチが入りかけています』と表示された。何のことかわからずゲームを進めると、それから解説のような文が現れたが、やはり意味がよくわからなかった。

 

【洞察】よくわからないが、FEをやっていて何かよからぬ(感情などの?)スイッチが入りかけているのかもしれない。今日は(少なくとも作曲の日は?)やらない方がいいということか。

 


 

その3)見知らぬ学校の体育館にいた。バド部の練習にOBとして出るようだった。貝崎と少し打ってみたが調子はよくわからなかった気がする。ただ、彼への攻め方の想像だけは逞しかった。

後輩らがたくさん集まっていてけっこうな人数がいた(大学時代よりだいぶ多い)。伊藤なども見かけた。今日は東薬との合同練習のようで、そこの女子が多く来ていた。これから部長か誰かの全体挨拶のようなものがあるようだった。

俺が使う予定の、小さくてずんぐりした黒っぽいシューズの片方がなくなっていた。探すと近くに落ちていたが、泥で少し汚れていた。誰かに間違って使われたのか? と思った。

俺は体育倉庫か控え所のような暗がりに入ると「今まで20代(後半)のつもりでやってきたけど、よく考えると53だった。それでも動けるんだろうか? なあ?」みたいなことをいって、カズなどの超ベテランアスリートに呼びかけるように思い浮かべた。若いと思えば若いわけで、年齢はただの数字なのか? と考えた。

 

【洞察】

1.これから、大規模な作曲の練習があることを予告しているのかもしれない。

2.見た目上の年齢ではなく、精神的な年齢を意識すべきということなのか。

その1)絵か何かの先生(または作家?)Aとその娘B、高校くらいのBのクラスメイトの少年が1人か2人がある部屋に集まって、それぞれ自由に過ごしていた。

Aは誰かと商談(?)か何かしているようだった。Bは絵本か何かの小さな絵を見て楽しんでいた。その様子から彼女はこういう仕事がしたいようだった。

やがてAはBが見ている本を取り上げてしまった。大人たちの話の流れで要るようだった。Bはそれを解ってはいたが、本を取られてむくれていた。Aは苦笑して手ぶりで謝っていた気がする。

 

【洞察】よくわからないが、昨日の作曲(Loop...)の批評なのか。売りたいAと楽しみたいBがいて、大人のAが優先になったということなのか。

 


 

その2)九州かどこかに数日の旅に出ていた。あちこち見た気がするがよく覚えていない。

それから海の方へ行った。砂浜の上にある観光地集落という感じ。俺は持っていた水色っぽいビニール傘を風で飛ばされた。ある店の裏(?)に落ちていた傘を拾いながら「今回の旅はちょっとセンチメンタルだったな」といった。写真もそれなりに撮った感じだが、なぜかあまり撮らない時もあった。明日には実家に帰るつもりでいた。

俺がいない間、母は孤独な生活だろうか、でもそれに慣れてる頃かも、などと考えていた。

 

その3)朝、あるホテルの広い和室にいた。修学旅行か何かで泊まったようだった。学生は見かけないが、女優っぽい見知らぬ若い女がいて、2人で布団や弁当を片付けていった。

 

【洞察】旅の終わりは一連の作曲が終わったことを告げていると思われる。今回の作曲群はセンチメンタルというより、多くは投げやりな感情に任せて作ったという感じか。

その1)母からもらっていた400万円分の証券(うち200万は証券会社への預金?らしい)を引き出すため証券会社に行った。

担当の中年男Aは、何やら難しいことばかりいうと「後で証券商品(?)について勧めさせていただきます」みたいなことをいった。何を言っているのかさっぱりわからず、ともかく俺は引き出したいだけなのだがと思った。Aの話ぶりから手続きには1〜2時間はかかりそうな感じだった。

預金の方はともかく、証券の方はどうやって現金化すればいいんだろうなどと考えていた。

 

【寝る前の思考】結婚できないのはいいが、ともかく家は欲しい。

【洞察】答えているのかよくわからない。そもそも証券を持ったこともないし、それが何なのかも知らないので、何ともいいようがない。(何かを現金化できれば?)400万くらいの中古家なら提供してやれるということなのか。

 


 

その2)何かを探しに見知らぬ地方を行ったが、いつの間にか夜になってしまった。田舎のせいか明かりが少なすぎて、ほとんど何も見えなかった。母と来たはずだがどこかではぐれてしまった気がする。これはもうホテルに泊まるしかないかと思った。

いつの間にかそのホテルの中を歩いていた。泊まり客がいる形跡があちこちにあるが、夕食などで外出しているのか誰もいなかった。

いつの間にかそのホテルも暗闇になっていた。困っていたが、部屋にテレビがあるはずなので、そこに行けば何とかなると思った。

その前後だったか、日付や時間が1日前後タイムリープ的に飛んでいることに気づいた気がする。

いつの間にか昼間で、札幌(?)市内のどこかにいた。また時間と日付が飛んでしまったと気づいた。ある建物の壁のプレートに、さっきのホテルには駐車の順序(1〜5)があり、5番目は宿泊費が8900円と書いてあった。

夢のどこかで見たことがあるお好み焼き屋(?)の前を過ぎると、タクシーを拾った。行き先は告げてないが、タクシーは実家方面に向かっているようだった。

ホテルのときから時間が飛んだ気がするので、今日は何日だろうとアナログ腕時計を見ようとしたとき、運転手のがたいのいいおっさんBが関西弁で話しかけてきた。それで俺は助手席に座っていたことに気づいた。

Bは「何でタクシーに乗る気になったのか?」みたいなことをいった。俺は「いろいろ困ったことがあって、今はタクシーで(急いで)帰らなくてはいけないと思った」みたいなことをいった。タクシーが高いのはわかっているが、それは少し気にしていた。

タクシーはかなり飛ばしていて少し怖かったが、プロだしよくあることなので、それほど気にしなかった。

Bは「(5月の)4日のときなぜかそわそわする」みたいな話をした。3日にはそれはないという。俺は普通の仕事をしていないのであまり関係ないなと思った。ただ、タクシーの運転手はよく客の仕事を聞いてくるので、ミュージシャンと答えられるか考えていた気がする。

 

【洞察】

1.暗闇とタイムリープということから、時間感覚か何かが混乱しているということなのか。

2.実家に向かっているタクシーは、高い対価を払ってでも急いで自己(自分らしさ?)に帰るべきということなのか。日付を見ようとしたらBがそれに割り込んできたことから、タクシーは混乱した現状から引き戻す役目なのかもしれない。

3.休日の話は、普通の仕事とは休日感覚が違う、ミュージシャンであることを自覚すべきということなのか。

その1)早朝、タレントらしき30前後の知人の女A(井田さんっぽい顔?)とホテルにいた。セックスまではしなかったが(?)俺がコンドームに出したものをAは局部から出していた気がする。

いつの間にか屋外の駐車場にいた。Aは迎えにきた旦那の車に乗った。俺は素知らぬ顔でそこを通り過ぎた。

すると、その先に千原ジュニアら2人くらいの男がいて、Aがホテルから出てきたことに興味津々の様子だった。俺は「彼女ってモテるよねぇ...」みたいなことをいって誤魔化した。どこに盗聴器があるとも知れず、余計なことをいってバレたらマズいと、それ以上は何もいわなかった。

誰かの声が「バンクシー」といった気がする。監視しているのはそいつ(ら?)のようだった。

 

【洞察】既婚者との不倫は、結婚(願望や妄想)のことを暗示しているような気がする。監視しているのがバンクシーということから、創作の邪魔になるので(あるいは一流のアーティストになるため)結婚させないように見張っているのかもしれない。

 


 

その2)見知らぬ部屋にいた。スクリーンなのか巨大な水槽なのかよくわからないが、そこにステージのようなものがあった。

いつの間にか、見知らぬ郊外にあるその店の外にいた。中の様子を直接見ることはできないようだが、ワイヤレスイヤホンのようなものの片割れの穴に水が満たされていて、そこに映像が映った。

プロポーションのいい(黄色っぽい?)水着の女が1人ずつ出てきた。1人目が水着を脱いで胸が露わになった。けっこう大きくて形もいいなと思った。次の女はやや小ぶりだが悪くはない。3人目は欧米女だった。4人目も欧米人だった気がする。

皆裸になって床の上に仰向けになったので、胸がよく鑑賞できた。皆大人の体つきなので、かなの胸より全体的に大きく乳首も大きくて、いいなと思った。

このイベントはもっとずっと見ていたいと思った。

 

【寝る前の思考】(その1から)妄想すら許されないのか? それは厳しすぎる。(禁止だというなら)その見返りは?

【洞察】

1.直接は見れないことから、妄想ならOKということなのか。

2.イヤホンを使って見ていることから作曲の話であり(結婚させないことへの)見返りは、多様な創造性や作品(=若い女たちの裸)であるということなのか。