夢日記

その1)ある男Aにアニメ系のコレクションを見せられた。Aは特に読んでいる雑誌を見せたいようで、マンガ誌や小説誌を俺に渡した。小説誌は聞いたこともないマイナーな雑誌だ。俺は「ピンナップ(絵などがちゃんとあるので)がまともなだけでしょ」みたいな…

駒大苫小牧の試合を見ていた。ユニフォームはリアルとデザインが違い、文字に黄色い枠があったりフォントも違う。相手は強豪校、かつては強かったが現在の駒苫は格下という感じで、序盤は相手リードしていた。 イニング間の外野の守備練習では、全然取れない…

見知らぬ倉庫でバイトしていた。バイトの若者らが中心となり、そこから商品を盗み出すことになった。上の者がいない時間を見計らい、皆は次々と運び出していった。高価な品や食品が多いようだが、計器(?)が入った重いものもあり俺はそれを持っていった。…

俺に電話をかけてきた誰かの住所を突き止めるため、見知らぬ地図を見て、今いる学校の近所を探し歩こうとしていた。その日の授業の合間で抜けて、いったん実家らしき家に帰った。 すると、ガラケーがバイブで鳴っていることに気づいた。間に合わなかったかと…

デパートか何かのイベントにいた。若い坊さんが3人いて、来ていた人々の何かを供養していた。 それが終わった後、人々はお布施を払っていた。俺もいくらか出そうとしたが貧窮しており、どうするか迷っていた。1人の坊さんが「お心遣いだけで。財布の薄さを見…

倉庫でバイトしていた。今日の分の作業は終わったはずだが、バイトNLの派遣NDさんが、残ってまだ仕分けをしたいという。不思議に思って訊くと、NDさんは「宝くじが当たったんです」といった。「宝くじ?」と俺はいった。出荷の物に宝くじが入ってるくらいで…

その1)見知らぬ部屋でネットの友人Rと過ごしていた。Rとはいい感じで手をつなりだり(?)などして、これから付き合いそうな雰囲気だった。Rの方がわりとリードしてくれて『するより、された』感じだった気がする。 【洞察】Rは小説家(志望)だが、今さら…

その1)ある街中の遊歩道を歩いていた。そこでは祭りのような行事が始まろうとしていた。通りづらいし邪魔になるかと思い、俺は左に平行している車道に移った。 それらの道は中央林間に向かっていた気がするが定かではない。 その2)誰かが「藤沢はなんで…

ロッテはしばらく不振だったが、チームやユニフォームを刷新して昨シーズンは2位だったという。副監督として磯野貴理子が採用された。彼女は昔、ロッテのチアをやっていた。その縁が元になったらしい。 また、清原と高槻というベテランが引退から復帰してチ…

その1)神奈川かどこかの地図を見ていた。俺は県のかなり外れの何もない田舎に住んでいた。県境(?)を越えてさらに奥地、道の終端にあるドラッグストアでバイトしているようだ。 やがてその辺りは開発されて、客(特に土木関係の人)が増えて忙しくなりそ…

(巨大?)倉庫でバイトしていた。ダンボールに入った荷物について、積み方などを検討していた気がするがよく覚えていない。

あるボクサーAが不正を行ったようだ。しかし、その男が試合会場を去るとき、ある女優がある団体にまぎれて外に出てAの身代わりに(待ち構えていた警察に)逮捕されるという記事を見ていた。 その事件を画策したのは(ジムのボスの?)老人Bだった。 千原ジュ…

倉庫かどこかでバイトしていた。そこにいる60〜70代くらいの婆さんAに連れられ、屋外の飲食店(?)の前に行った。Aは俺に「みんな(俺のことを)Nさんと呼んでいる。それだけ信用があるからだろうが、自分もそのように呼んでいいのか?」みたいなことをいっ…

(誰かにもらった?)瓶入りの日本酒を見ていた。銘柄は『リリースのひとこと』という名前で、その下に『(東京あかん)』と書いてあった。

(巨大?)倉庫でバイトしていた。通常の仕分けは台車(?)を使うが、専門性の高いあるいは特殊な(?)商品だけはダンボールに詰めていた。後者のものは以前よりだいぶ減ったという印象だった気がする。

巨大倉庫でバイトしていた。通常の仕分けではなく、トランスレート(内容不明)という作業をやろうとしていた気がする。

見知らぬ男が、購入した大きな作業テーブルを、俺の家の居間(?)に搬入しようとしていた気がする。

(半覚半眠の夢)高校くらいの教室にいた。バイトNLの派遣TSっぽい男が窓から体のほとんどを乗り出し(誰かに両足を支えられつつ)空に向かって(鳩っぽい?)中型の鳥を放していた。

その1)俺が書いた小説のようなものが著名人の選考員たちに読まれていた。美人の中堅女優などもいた。 選考員らは皆その作品の(社会的な?)内容に興味があるようで、楽しげに議論していた。 (中略忘れ) 実家2階の自室にいた。ローテーブルの上には鉛筆…

賃貸の物件を見ていた。家賃はかなり安いようだが、写真を見るとひどく古いもので昭和の頃(40〜50年代?)の男(大家の夫のような気がした)が窓越しに写っていた。室内には屋根のような傾斜があり、俺は「トタン屋根かよ」といった。駅近で、確かに(バイ…

巨大な倉庫でバイトしていた。新潟(?)の伊藤(?)というところへ商品を送るための仕事だった気がする。その後、倉庫のあちこちにいてそれぞれの仕事をしていたがよく覚えていない。

岩がちな険しい山に登っていた。先行する男Aがいたが先に行ってしまいはぐれた。それから、軍の者らしき女Bが応援にやってきた。Bが運転する車に乗る。四駆のでかい車で、どんどん登っていき、さすが軍の人だと思った。しかし、上に行くほど険しさが増してき…

15万かかる方法と、1000円ですむ方法(推奨?)があった気がするが、よく覚えていない。

新たに高校に合格したようで、そこの入学説明会のようなところにいた。そこはかなりのエリート校のようだ。 先生らしき中年のインテリっぽい男Aは「君ら(俺の他にもいた気がする)は右脳人間にはずだが、なぜこの左脳の学校に?」みたいなことをいった。「…

俺は舞台の裏での仕事をしていた気がする。 あるとき地方に(?)出かけた先で、通りに面した小さな舞台を見かけた。それは大きな建物Aの一部が露出している感じ。普段はそこで小さなショーやライブが行われているようだが、今日は誰もいない。俺はAの屋内に…

巨大倉庫でバイトしていた。潜水艦に乗るため(?)何人かと下の階(1階?)に向かった。そこにベテランらしき社員がいて「カッター要員しかいらない」といった。俺たちは違うようで、専門の連中を呼んできて欲しいようだった気がする。 【洞察】 1.カッター…

大学時代のバド部の後輩など数人と通りを歩いていた。後輩のNRはコンタクト(?)が欲しいようだが、価格を気にしてか買い渋っていた。俺は「廃番になる直前なら8〜9割引になるから、そのとき買えば?」みたいなアドバイスした。その後、NRは女用のシャンプ…

その1)ゲーマーの世界一を決める大会を見ていた。これから出たいという男Aがいたが、ベテラン風の男Bなどに「無理だ」みたいなことを言われていた。Bや他の連中も相当の準備をしてやりこんだようだが、毎年優勝している男Cにはかなわないようだった。 Cは…

その1)見知らぬ巨大な倉庫でバイトしていた。アマゾンっぽい感じで古本を扱っていた気がする。目的の本を探すのが大変だった気がする。 その2)『ドクトリン』という名前が関係するマンガかアニメを見ていた。外国産風の濃い顔のキャラクターばかりだった…

サッカーの試合を見ていた。フラメンゴの頃の(?)ジーコが出ているようだ。ジーコはその頃よりは老けていた。 雨の日の試合だった。ジーコのチームは強いはずだが、絶好のチャンスでも点がなかなか入らず苦戦していた。しかし、彼らも俺もそのことはあらか…