2024-05-01から1ヶ月間の記事一覧

素人のある男Aが何かの拍子に、ステージみたいなところでサザンの歌をうたわされていた。Aはあまり歌詞を知らないようだが、聞き取れる部分もあり「涙は、報われーるー」とうたった。演奏(カラオケ?)はプロっぽかった気がする。上手くはないがピッチは合…

その1)何か用事があり、かつて通っていた見知らぬ大学に行った。上階にある図書館に行くと、棚が半分以上空になっていて、やっぱりなと思った。移転作業をしているようだ。主導しているのは斎藤先生のようだ。 階段を下り、図書館はどこに移転するのか、ど…

その1)(作曲の)調子は12日間続く。望めばもう12日延長される。傑作ができたという感覚は偽の感覚である、みたいな話だった気がする。 その2)中学か高校の教室にいた。俺は廊下側の方にある一番前の席だった。そこへクラスの見知らぬ少年少女たちが6〜7…

見知らぬビルの中にいた。トイレに入って大用を足そうと思ったが、その前に厚めの本が2冊くらい入った白い布製の手さげを、なぜか何も考えずに壁にあいたゴミ用の穴に入れてしまった。いつでも取り出せると思ったのか? しまったと思い手を突っ込んだが、何…

その1)ある高校の野球部で、母(?)とある少女は、ある少年のピッチャーに助けられたといっていた。彼は『ヨル』と呼ばれていた。ヨルの活躍で高校は先日、全国で優勝したようだ。 それで有名になったようで、ヨルがある河原の高架歩道を歩いていると、下…

その1)氷のないスケートリンクのようなところで、クラスメイト(?)たちが動物の特殊な着ぐるみのようなものを着て、集団で何かのパフォーマンスをしていた。俺は女たちや動物たちの群れの上に乗って、リンク内をぐるぐるまわった。 演技が盛りになると、…

その1)実家に自室にいた。夜なのかわからないが部屋が暗い。アトリエにあたる部屋の方から父(故)の声がした。そこには(未読の?)本がいくらかあるようだった。父は売れている作家と俺の違い(?)について何か語っていた。 その2)ある高校にいた。国…

カレンダーを見ていた。10月とあり、何ヶ所かの同じ日の数字が3日くらい連続していた。9月を見ると同様に、5〜6日くらい連続する日が多かった。 【寝る前の思考】明日は作曲はどうするか、どうすれば(熊谷に?)移住できるのか、みたいなことを考えていた。…

その1)タモリ倶楽部のような番組をやっていた。スマップのある1人(?)を交えて、ひたすらだらだらしゃべるだけの回(2曲くらいは紹介したか?)で、ナレーションは「中くらいのいい回だった」といっていた。 その2)武田鉄矢が本を出したらしく、俺と母…

その1)俺がゲーム機を売ったことについて、林(賢)がカタカナのレトロなゲームフォントを使って怒っているようだった。 【洞察】今更そんなことを言われても困るのだが。 その2)ある少年か少女Aは、内気というわけでもないのだが、人付き合いが苦手なよ…

その1)どこかへ向かうフェリーのような船の欄干のところにいた。 懐でバイブが鳴り、持っていた旧式の見知らぬケータイを取り出した。政府からの諸注意(?)のような女の自動音声が流れた。電話に出ようとするとバイブが止まってしまった。 画面を見ると…

その1)見知らぬ広いコンコースのような場所にいた。そこにプーチンがいて「この中から3人連れていく」「俺の左側にいる奴、おまえでいい」みたいなことを日本語でいって追いかけてきた。捕まったら何をされるかわからず、人々は逃げ惑った。俺も必死に逃げ…

その1)早朝、函館の見知らぬホテルにいた。これから飛行機か何かで札幌に帰る予定だった。 見覚えのある水色のベッドマット(リアルのに似ている)の変なところによだれがついていて、どんな寝相だとちょっと笑った。 荷物が散乱していてまとめるのに苦労…

その1)夜、修学旅行か何かである大部屋にいた。クラスの皆は布団で寝ている。背の高い(?)坊さんがやってきて、お経とは違う何かを唱えはじめた。俺は立ち上がり、彼らに悪い霊(?)が憑かないよう一緒に唱えてまわった。 いつの間にか坊さんはいなくな…

その1)夜、見知らぬ(自宅らしき?)家にいた。新年会をやっていたようで、親戚たちは見かけていないが別の部屋にいるようだった。会はもう終わって、親戚たちはそろそろ帰りそうな時刻だった。 あるとき、2階(自室?)から何かを取りに階段を跳ねるよう…

その1)倉庫か何かのバイトの面接に来ていた。曜日か何かが合わないとかで採用されず、他のバイトを紹介された。だがそれもこっちの希望に合わず(週6くらいの条件だったか?)やめることにした気がする。 【寝る前の思考】明日作曲するかどうか、コンディ…

(前略忘れ)実家らしき見知らぬ家にいた。インスタントコーヒーの粉が今回で使い切って切れてしまったようだった。 母に出されているコーヒーに使う水が、よく見ると使い古しの汚いものだとわかった。白っぽい容器を見ると、水が蒸発しかかっていて底の方に…

その1)(前略忘れ)ある山の中腹にいた。そこまでは舗装道が来ていて、そこで途切れる感じだった気がする。 俺は病院で左の膝に軟膏を塗られていたようだった。傷があるようだが、軟膏はステロイドの可能性があると思った。短期ならともかくしばらくかかる…

その1)見知らぬ岩がちな山にいた。そこを下りた後、洞穴のようなところの奥にある史跡博物館(?)のようなところに行った。そこである男の解説があり、この山には『鬼ヶ城(?)』という険しく長い迷路のような下りルートがあることを知った。今度来たと…

見知らぬドラッグストアでバイトしていた。 (中略忘れ) ある壮年の女客Aが薬をカウンターに置き会計しようとしたとき、別の壮年の女客Bがバファリンやイブなど4つくらいの薬をカウンターに置いて割り込んできた。Bは少し気にしていたが、元々Aより先に立っ…

その1)(前略忘れ)誰かと遊んだ後(?)人がいないので谷口(?)と2人でカードゲームかなにかで遊ぶことになった。だがそれは通常のやり方とは違うようで、俺は「ルールを知ってる米谷がいないとキツいな」といった。 その2)埼玉かどこかの奥地(南に…

その1)埼玉県の3ヶ所くらいで、それぞれ1人ずつ遭難か何かしたりして行方不明や凍結(?)状態となり、遺体になったというニュースを見ていた。 【洞察】昨日は移住について熟考していたが、決め手に欠けており苦手な要素もけっこうあり、それらの場所(飯…

その1)ある男Aのボクシングの試合を見ていた。リング内は暗く、周りは壁か何かで観客はいないようだった。相手が全く見えない(いるのかもわからない)し、何も起きないと思っていたら、Aは突然つまづいた。リプレイでよく見ると、謎の小人(?)がリング…

その1)ある番組で、見知らぬ20〜30代のオネェっぽいタレントA(女装はしていない)がステージの壁際に並ぶ様々な靴を紹介していた。 はじめは商品だったが、ステージを進んでいって(?)あるコーナーで30〜40足(5x6〜5x8)くらい並んだ全ての靴を、Aは自…

その1)夜中、実家にいた。部屋などは見知らぬ構成だった。カバンの中から(?)薄味のキムチのような食べ物のパッケージを出したが、中でひっくり返ったのか中身が少し漏れ出していた。密封のはずだが衛生的にに大丈夫なのか? と思い、はみ出したものを口…

その1)見知らぬ街を歩いていると、見知らぬスーパーの前に若い芸人が何人かいて、赤いパッケージのガムを売っていた。ポスカ(PoCaあるいはPoSだったか?)という名前らしい。彼らは新商品をグイグイ勧めてきたが、俺は持っていたキシリトールのガムと並べ…

その1)あるコンビニで何か買った。650円くらいだった。1000円札を出して釣りをもらうとき、店員の女Aが「アンケートに答えてほしい」みたいなことをいった。Aははじめ若いのかと思っていたが、よく見ると40〜50代くらに見えた。 Aは「本来なら専用の用紙が…

ロープウェイか何かである山にやってきた、3人くらいのアニメっぽい少女たちを傍観していた。 彼女らはスマホか何かで記念に写真を撮った。 1人の少女は、天候が薄曇りで景観が微妙になってしまったことを少し嘆いた。「でも、初めて来たところなんだから」…