中学くらいの教室にいた。

(中略忘れ)

あるとき廊下に出ると、紫の小さな玉が転がっていくのに気づいた。俺の(リアルでつけてるアメシストの)パワーストーンブレスだと思った。追いかけていくと、廊下の端のクラスの教室にいくつか入ってしまったようだった。

後ろ側のドアは開いていて、すぐそこの席に滝山がいた。俺は小さい玉を拾って「こういう紫の玉、入っていかなかった?」といった。探していくと玉はいくつか見つかり(リアルと違って玉に大小があり小さい方が転がっている)たぶん全部回収したと思った。

ブレスが切れてしまったから、石は山(大地)に返さなきゃならないかと思った気がする。

滝山は「これからの経済はどうなると思う?」みたいなことをいった。俺は「去年のアメリカの大爆発(火山が噴火したらしい)があったし(来年の?)日本は半分が餓死すると思うよ」といった。

それからいつの間にか、有識者会議のような場面になった。話題は皇室の関係者の中年女Aについてだった。俺はAに会ったことがあり、そのことを彼らに伝えた。

 

【寝る前の思考】(トンガの大噴火で来年は寒冷化による食糧難が予想されるが)で、どうすればいいのか。

【洞察】

1.ブレスが切れたのは、何かの転機を示しているように思える。あるいは実際に切れたときが転機のサインだということなのか。

2.なぜアメリカが噴火しているのかはわからないが、イエローストーン破局噴火もあるのか? あるいは経済破綻の可能性もある。ともかく来年かそれ以降は食糧難で、日本人が多く餓死する(あるいは経済的にそれ相当の極度の貧困?)という予見かもしれない。

3.皇室の女の話はよくわからない。夢で会ったことがある人なのか。