その1)薬屋でバイトしていた。俺はAとB、2社を掛け持ちしているようだった。A社はよく覚えていない。B社は雑貨衣料もある地方っぽいスーパーのインストアだった。
俺は私服でB店の通路を歩いていた。そこには目がくりっとした白衣の可愛い若い女Cがいた。俺が通りがかるとCは少ししてから気づいたようだった。
そこからすぐ近くの衣料コーナーの方に仮設(元は従業員用?)っぽいトイレがあり、ひっきりなしに客が出入りしていた。
俺はいつの間にか高さ2mはあるベッドの上にいて、床を見下ろしていた。ほどなく、やたら目の細い若い女Dが現れた。DはA店の俺の同僚で、今日は私服の客だった。Dは俺が掛け持ちしていることを今知ったようだった。CとDは知り合いのようだ。
はじめはDの正体に気づかなかったので「白衣着てないとわかんないよ」みたいなことをいうと、Dはちょっとヘコんでいた。一方、Cもはじめは私服の俺に気づかなかったので、俺は「白衣(顔の下)しか見てないのかよ」とツッコんだ。Cはわりと好みなので白衣じゃなくても俺はわかる気がした。


<解釈その1>
薬屋・・・(独自解釈)以前に勤めていた唯一の仕事(バイト)。曲を書き始めたり完成する前後に見ることが多く、対応する商品があることから、生業を示していると思われる。リアルでは自分に相応しくない仕事だったが、夢判断の素材としては的確で役立っている。(追記)ブランクの時期にも見るので、作品毎というより、生業自体の話かも。
トイレ・・・(ベサーズ解釈)取り除くこと。不必要になった過去の体験を浄化すること。解放すること。手放すこと。許すこと。トイレが詰まっているなら、ささいな経験にとらわれて感情を洗い流せずにいる。(ウォレス解釈)人生で役立たなくなったものをどう手放せばいいかわからない。自分が本当に必要な方法を誰かに話す方法を探している。(ホロウェイ解釈)環境や周囲の人々のせいで自分の欲求が満たせていない(〜が見つからない)自分のことより他人の欲求を優先する(混んでいて〜に入れない)。プライバシーが失われがち(〜が丸見えで恥ずかしい)。他人の問題や目標達成を手伝わされる(〜が詰まる、あふれる)。(フォンタナ解釈)公共の場で不安感がある。うまく自己表現したい。気持ちを楽にしたい。自己統制できない、創造的な力を訓練できなくなる恐怖(〜を溢れさせる)。
ベッド・・・(ベサーズ解釈)万物を生みだす子宮。能力のみなもとへ戻ること。休息、くつろぎ、元気を回復するところ。育てるところ。性的なコミュニケーションを楽しむところ。安全を望むこと。神の加護に気づくこと。自分の中のいろいろなレベルとの特別な関係。個性を表すこと。(ケイシー解釈)性行為。道徳的基準に従う。他人への接近、親密性。休息、睡眠。無意識。
制服(ユニフォーム)・・・(ベサーズ解釈)他人に自分を示す方法。自分を表現する中の厳格な側面。(ケイシー解釈)義務(〜を着る)。考えが同じようになること(全員同じ〜の中にいる)。仕事、職業。順応、正統性。権威、権力。従属。
【連想法】
薬屋・・・唯一経験のあるバイト。稼ぎがよくても接客業はもう2度としたくない。
AとB・・・Aはドラッグだったか。Bの方が手広くやっている会社。
CとD・・・Cの方が好み。
目・・・大きい方が好み。リアルの自分の細い目はややコンプレックス。
ベッド・・・寝る。休息。読書。
白衣・・・バイト時代の薬屋の制服。

        • -

【寝る前の思考】(昨日の夢の)2枚の絵画と、今年の夢(2018.7.232018.7.132018.4.7)の2本の鍵は、同じものだという気がする。
【洞察】
1.思考の答えのように見える。2つの絵画や鍵は、人生において鍵や指針となる2つの仕事を表し、どちらも薬屋に紐付いていることから、これまでやってきた「作曲」と「小説」のことだと思われる。
2.おそらくB社と可愛いCの組み合わせは、よく広く親しんできた音楽(作曲業)のことで、A社と好みの顔でないDは小説(作家業)の方だと思われる。
3.CとDの目の大きさが対照的なのが何かを示唆しているように見える。くりっとした目のCはすでに開眼している一方、細い目のDは、まだ才能に目覚めきっていないことを示しているのかもしれない。
4.俺から見たD、Cから見た俺の「制服を着てないとすぐにはわからない」のは、まだ能力が定着してない(つまり継続が足りない)ことを表しているかもしれない。俺から見たCは制服でなくてもわかるので、作曲の方はいい線いっているのかもしれない。
5.多くの客がトイレに向かったり、自分がベッドの上にいたりするは、今はまだ休息やインプットや浄化期間であることを示しているのかもしれない。




その2)薬屋バイトからの帰りだったか、見知らぬ屋外バスターミナルにいた。あるバス停の前に、俺のリュックと青い運動靴(リアルの普段靴に似ている)が置いてあった。靴を取ろうとしたとき、近くにいた若いカップルがディープキスをした。二人ともすごく楽しそうだ。最近の子は人目を気にしないなーと思った。
改めて靴を取ろうとしたが、別の靴を手にしていることに気づいた。それは俺の靴に似ている(やや緑がかっている)が違う人のだと気づき、自分のをつかみ直した。
バス停から少し離れた段差のようなところで靴をはこうとした。見知らぬ何人かが通り掛かった。俺はいったんどいて人を通してから、改めてはこうと思った。


<解釈その2>
バス・・・(ベサーズ解釈)自分を表現するための大きな潜在能力。(ウォレス解釈)チームや組織を表す。計画の実行。(個人解釈)「バス クスリ 真の夢」(2015.10.14)という啓示有り。
駅・・・(ベサーズ解釈)人生の旅の途中で立ち寄るところ。変化する段階。目標を決める明快さを得るための休憩所。(ウォレス解釈)仕事のチャンスをつかまえる場所。
キス・・・(ベサーズ解釈)愛情、暖かさ、コミュニケーション。(ホロウェイ解釈)相手の存在の重要性を認めた。性的魅力や欲望よりも、評価の表現。新しい知識や物の真価への理解。
靴・・・(ベサーズ解釈)基礎知識を養うこと。人生の旅の途中で自分を守るもの。役割。(ケイシー解釈)個人の基盤となるもの。基本的原理。物質的生活からの保護。人生における自分の役割。(ウォレス解釈)個性、アイデンティティ、社会的地位。(〜をなくした)それらを失った。
【連想法】
バス・・・比較的近いところへ移動する方法。鉄道より柔軟。
屋外ターミナル・・・わりと大きな駅。各方面へ向かうバス停がたくさんある。
青い運動靴・・・普段用。自分の色。
青・・・第6チャクラ。今生の自分の色。
カップル〜キス・・・人前でできるのはすごい。微笑ましくもあり嫉ましくもある。
別の靴・・・自分のに似ているが違うとすぐわかる。

        • -

【寝る前の質問】(その1に従い)仕事を2つ(作曲と小説)やるのはいいとして、収入(生活費)はどうするのか?
【洞察】
1.今後の収入のことを何度となく訊いてきたが、どうにも明確な答えが返ってこない。
2.薬屋バイトからの帰りに普段靴に履き替えようとすることは「(2つの仕事が終わったら)普段通りにしていればいい」くらいの答えにしか見えない。
3.どことなく当てつけがましいカップルのディープキスは(オープンにつきあえる?公然の?)若い恋人を欲していることを暗示しているのかもしれない。
4.靴をはこうとすると、近くでカップルがいちゃついたり、靴を間違えたり、人が通りかかって邪魔になったりしているのは「自分らしさ(アイデンティティ?)」を確保にするにあたり「恋愛関係の羨望や嫉妬」や「自分らしさの勘違い(緑がかっているので第4〜5チャクラ辺り?)」や「ちょっとした邪魔が入る」(どれも強力な障害ではないようだが)ことを暗示しているのか。

EX-ARM エクスアーム 11 (ヤングジャンプコミックス)

EX-ARM エクスアーム 11 (ヤングジャンプコミックス)