その1)何かの経緯の後、あるプールを通りかかった。そこには何人かのアニメキャラ(?)がいた。

そこにいた亀仙人が急に倒れて溺れそうになった。近くにいたある男Aが抱き起こして助かったかと思ったが、亀仙人はいきなり目から大量の血とともに脳味噌の一部のようなものを吐き出した。

亀仙人が悶絶していると、Aは彼の目の奥に手を入れて神経か何かをぶちっと引きちぎった。亀仙人はそれで盲目になってしまったようだが、ようやく楽になったようだった。

 

【洞察】ニコニコニュースでのチャットの話のような気がする。プールはチャット枠、亀仙人はそこにいる老人(あるいは自分)で、そのキャラが選ばれたのは枠の連中が昨日ドラゴンボールの話題をしたからと思われる。

大量出血は「そんなところでチャットをしていると目や脳がやられる」ということだろう。目の奥が痛くなる原因だったのかもしれない。Aが神経を切ったのは、そこは(あるいはニコニコ自体)もう見るなということか。

 


 

その2)バドミントンのダブルスの試合をしていた。俺のペアは松本先輩だった。相手は同じ部活か同じような学生で、相手の方が弱かった気がする。

俺はラケットを新調しようか考えていたが、秋には引退(今は夏くらい)だし、このままでいいかと思った。ラケットはフレームがやや硬めで、いま使っているやつの他にもう1本持っていた気がする。

ネットは低くてテニスっぽかった気がする。

(中略忘れ)

阪神がようやく勝つようになったという話や雰囲気があったが、どこかのテレビに映っている試合を見ると、ゲームは終盤(?)で『日15-9神』と表示されていた。あれ、また負けてる? と思った。

 

【寝る前の思考】(その1から)ニコニコを完全引退するかどうか。

【洞察】

1.バドの部活は、作曲の修練のことか。先輩は好きなことの象徴かもしれない。

2.ラケットは音源のことかもしれないが、新調する予定はない(あるいはEZのMIDIシリーズのことか?)ので、そのことかはよくわからない。

3.思考の答えとすれば、ニコニコを新たに模索する必要はなく自然引退を示唆しているのかもしれない。

4.日ハムが勝って阪神が負けるという話はよくわからない。阪神はニコニューの柄の悪い輩を指している可能性はある。少なくともニコニューは切るべきだろう。

 


 

その3)見知らぬ地方都市の郊外の風景を見ていた。高校生くらいの男女の恋愛の話を見ていたような気がする。