その1)実家らしき居間にいた。ガラケー(当時のJ-Phoneっぽい)に電話がきたが知らない番号なのでスルーした。少しして、今度は別の端末(大型のポケコンっぽい)にかかってきた。それはアナログ回線(?)らしく番号が表示されない(仕様?)。俺はそれを持って2階の自室へ行くと電話に出た。

相手は家具屋Xだった。若い男の社員の声。そういえば先日高級なタンスを買っていたことを思い出した。そのときユーザー登録カード(ハガキ?)のようなものを出した。Xは俺の名字を間違えて言ったが、字が汚かったのかなと思った。

まさか電話がくるとは思ってなかったので面倒に思い「間違いだと思いますけど」といってとぼけた。

 

【洞察】高級タンスが何を暗示しているのかよくわからない。大きな買い物をした覚えはない。70〜80年代のモジュラーシンセを「タンス」と呼ぶようだが、それを表している可能性はあるか。あるいは「引き出し」が多いという意味か。

 


 

その2)実家の居間に30代くらいの見知らぬ男Aがいた。俺はAに(その1の)Xの電話について訊いた。Aは「それは20年前の...」といった。「20年前?」と俺。Aは「そう、ケンケキ宿帳」といった。俺は(目覚めたとき?)忘れてしまわないよう、急いでその2つのワードをメモに走り書きした。

それはどうもAにも関係しているらしく、AはXに電話して確認してみるようだった。

 

【洞察】

1.20年前というと2002年になるが、そのときに何かあったのか。その1のガラケーが当時のものということから、信頼できる数字かもしれない。

2.「ケンケキ宿帳」が謎。その当時は旅には出ていないし宿にも泊まっていない。

 


 

その3)旅で友人たちと見知らぬ史跡に来ていた。岩が多く、古代の遺跡のようだ。よく覚えていないがそこを一通りまわって、施設の外側にあるイスに座った。俺はそこで何かのメモをしたりして少し休憩することにした。

すぐ右横に『タヌキの石』という3〜4cmくらいの黒い石が壁から突き出していた。それに触るとご利益があるらしい。笹本が来てそれに触った。それを見て俺もそうした。

この遺跡は補強のためか観光のためか、大部分がコンクリート的なものに覆われているようだった。

2mくらい先にイスの並びがあり、何かの見学の順番待ちをしている人(若い女など)が座っていた。彼女らの話を聞いていると「(施設の)内側では900円(?)だけど、ここでは1500円もする」とのこと。何かの見学料らしい。

それを見ることはなく、俺は「じゃあ、もう行くか」みたいなことをいって皆と帰ることにした。

いつの間にか屋内のバス停にいた。小型のバスが止まっている。乗る前に荷物をまとめる(?)のに手まどって焦った。前のドアから乗ろうとすると運転手に「後ろだよ」といわれた。

そこへ行こうとすると、見知らぬ老夫婦に「写真証明書(?)はどうすれば云々...」と訊かれた。もうバスの時間だし、それについても知らないので「すいません、知らないんですけど」みたいなことをいって断った。

 

【洞察】

1.古代の遺跡は昔のことを表しているのか。あるいはかつてはやっていたが辞めたこと(小説のこと?)か。その2の「20年前」にも関係する?

2.笹本は当時のあだ名が「タヌキ」だったので、ご利益の石と関係が深いと思われる。笹本といえば「太っている」「ファミコンをやらせてくれた」「料理」だが、どれかを暗示しているのか。

3.コンクリートに固められている遺跡は、風化しそうな記憶がそのように閉じ込められているという意味の可能性もある。

【参考】2021.12.72022.1.27にも笹本が出てくる。前者は(男なのに)子供が産まれるという、後者は久々に会って話すことが多いが俺自身は無職だという夢。タヌキは商売繁盛の縁起物であり、そのあだ名をもつ彼が富の象徴である可能性はあるかもしれない。

 


 

その4)実家の居間にいた。両親がいる。冷たく甘いものが欲しいと思い、キッチン(旧位置)の冷凍庫を開けた。中にはホワイトチョコと他に何かあったが、これは母が食べたいものだろうと思い手をつけなかった。

両親はこれから買い物に出かけるという。俺も甘い物が欲しいのでついていこうと思った。そのとき急に土砂降りがきた。これは雷が落ちると思い、俺はすぐに耳に指を突っ込んだ。ほどなく大砲のような音がして落雷があった。

家の前はなぜか小さな駐車場になっていて、その先は高い壁(石垣?)になっていた。いつの間にかそこに立っていた父(故)は、急いで家に入った。居間の窓はなく、直接外につながっていた。

それから何度も落雷があり、駐車場にも落ちたようだった。母がそれについて何かいったがよく覚えていない。落雷は何かを焦がすというより、落ちたところの空気中で何かが破裂したという感じに見えた。ともかく、これが止むまで出かけられそうになかった。

 

【洞察】

1.甘い物は登山の行動食に関係している可能性はある。

2.明日は大雪らしいし、それから何日かの電車などの世の混乱(停電の可能性もある?)が落ち着くまで待った方がいいということなのか。落雷のせいでとにかく「出かけられない」という感じが強い。