冬、道北にある一連の山々(経(者?)ヶ岳というらしい)を登ろうとしていた。スキーを持っていくようで、ある会社の部門長の男が2人一緒に行くことになった。登山に慣れているとはいえ、今回は冬山で長い道のりなので、単独ではなくてもまあいいかと思った。

途中、布を被った山(標高1400mくらい)があり不思議に思った。俺はその布を取ってみたが、山の形が変わってしまった。慌てて元に戻したが、多少変わってしまった。

スキーは登りになると歩きなので結構大変だった。

また、ある地点では垂直な壁があり、ピッケル1つ命綱なしで、競技者は降りていくようだった。男たちはピッケルを器用に回して壁に当てていた。俺はそこまで危ないことに参加する気はなかった。

壁を降りると、他社の徳光和夫がいた。徳光はやたら元気そうで、彼はいつも山で鍛えているようだった。