その1)イチローがその試合を通じて何らかの記録を達成したらしい。試合に勝利すると、ベンチのチームメイト(ドジャースっぽいユニホーム)が満面の笑みで迎えた。イチローは照れくさそうだった。


<解釈その1>
有名人・・・(ベサーズ解釈)何かを教える人。導き、教師。(ウォレス解釈)特定の創造的才能やパフォーマンス能力を持つ側面を表す。隠れた才能、未知の能力の開花を促している。(ホロウェイ解釈)目標達成や問題解決に活かすことができる、その人に代表される際立った才能や資質。
野球・・・(個人的観念)野球やサッカー(の試合は)創作をプロスポーツに照らし合わせていると思われる。進行度、作品の状態(出来の良さ、取捨選択のせめぎ合い、バランスなど)、大会の大きさは曲のレベルを表していると思われる。

        • -

【洞察】イチローに象徴される何かすごい事を達成したのか。試合も一昨日の夢に続いて勝利している。にしても、これといってすごい事をした覚えがないのだが。




その2)カナダの山間の町にある、レトロチックな木造の家が紹介されていた。同じ町の別の場所には、家の枠(壁の下の部分)だけが残った廃墟があり、その近くに母子が立っていた。ナレーションによると「その母子が助かったのは家が倒壊する前に逃げたからであった」ということらしい。


<解釈その2>
家・・・(ベサーズ解釈)自分自身。(ケイシー解釈)現在の仕事により生まれてきた状況・影響。人が意識している場所。個人の精神状態。自分の隠された部分(裏側)。人の心の拠り所となる場所。家族生活。身体。個性。他の人にも明らかな外面(前面)。無意識または直感(地下室)。

        • -

【洞察】悪い(破壊的な)状況が起こる前に逃げがことが幸いだった、みたいな感じか。昨日のことでいえば、昔のゲームアプリを再DLせず、OnkyoiTunes用アプリを見つけて曲を聴いたことと関係あるのか。




その3)「調剤ではなくホテル、ホテルを探せ」というメールのタイトルを見たような気がする。


<解釈その3>
薬屋・・・(独自解釈)以前に勤めていた唯一の仕事。曲を書き始めたり完成する前後に見ることが多く、対応する商品があることから、生業を示していると思われる。リアルでは自分に相応しくない仕事だったが、夢判断の素材としては的確で役立っている。
薬・・・(ベサーズ解釈)治癒、若返り。心身のバランス。カルマを受け入れること。
ホテル・・・(ベサーズ解釈)成長のための大きな可能性。みずぼらしいホテルは、悪習慣を止める必要。荒れ果てたホテルは、潜在能力を充分に使っていない。堂々としたホテルなら、精神的に豊かで持てる多くの才能を活かしている。
手紙(メール)・・・(ベサーズ解釈)ニュース、または情報。教え。(ケイシー解釈)こちらにもたらされる情報。真実のメッセージ。理解。テレパシーによる接触

        • -

【洞察】
0.ホテルは個人的には、その日の旅を終えて泊まる、寛ぎの場所という観念がある。
1.昨日のことでいえば(風邪っぽいからと)葛根湯を飲むのではなく、リラックス(ゴロゴロ)せよということか。
※葛根湯の5包のうちの1つが、アルミ包装なのに中身が湿気ているという怪現象が見られた。
2.ホテルが人生の終わりなき旅の仮の住まいとするなら、今は生業(作曲)のことより住む場所を探すことが肝要、ということなのか。




その4)見知らぬ小屋で白いMacBook(リアルに持ってるのとは違う色)を開こうとすると「さて、イジメの時間だ」といって親戚の叔父さん(故)が入ってきた。さらに、元バイト先の社員のOZさんもやってきた。
俺はあからさまに舌打ちすると、システムを終了させてMacを閉じ、それを持ってどこかへ去ろうとした。OZさんは困ったような声で俺を「ちょっと」と呼び止めようとた。
二人とも似たような色のノートPCを持ってきていた。


<解釈その4>
白・・・(ベサーズ解釈)真実、清らかさ、神の光、保護、導き。(ケイシー解釈)純粋さ。無知。完璧さに対する理想。衰弱。(ホロウェイ解釈)光、輝き、回復、浄化、再生、治癒。複雑な問題を覆い隠す薄っぺらな楽観主義。

        • -

【洞察】
0.叔父さん(故)は初出。子供の頃ときどき世話になった。太っ腹な人でいろいろ物をくれた。家が離れていたので実際は少ししか会っていない。
1.昨日のことなら、念のためにHDDを暗号化したことに関係するか。一晩まるまるかかって大変だったし、今日はシステムがあるSSDを暗号化するつもり。それも大変な作業であろうということなのか。(暗号化もデコードにもすごく時間がかかるらしいので、イジメに近いような、あるいはその間Macが使えないイラつく作業ということ?)