その1)素人が企画し司会するという番組を見ていた。下手さを逆手にとるつもりのようだが、それにしても進行がぎこちない。何連にもつらなり全体に丸くなったチャリ群の一角で、ビートたけしと中堅女芸人(しずちゃん、あるいは森三中の村上だったか?)が隣り合っていた。女芸人は、何かボケたたけしにツッコもうとしたが、立場の違いにビビって空回りしていた。たけしは気にしないでやるようにと教えていたと思うが、その辺はよく覚えていない。


<解釈その1>
テレビ・・・一般に、自分自身をいっそうよく見る手段。どのように状況に対処しているか、その方法。自分とのコミュニケーション。
自転車・・・一般に、バランスが必要。

        • -

【現況】アンビエントっぽいイントロを作ったものの、その後どう展開させていいのか悩み、やっと少しだけひねり出した。
【洞察】
0.作曲を芸事に喩えていると思われる。
1.アンビエント系のサウンドについてはまだ素人、あるいはまだ慣れていない。もしくは「無知の知」的な創造をするにしても、基礎知識や経験が足りていない。
2.やたらパラメーターの多いプロ用の音源に恐れをなしているようだが、音のバランス以外の細かいことは気にしないほうがいい。




その2)母が「最近、耳が白くなったと思うんだけど?」と言って、比較のために耳のそばに白紙を当てた。俺は「たしかに耳だけ白いね」と答えた。母は「あんたはそっち方面(医学)に詳しいんだから、何かわかるでしょ?」と訊いてきた。俺は「そっちはとっくにやめてるから、わからない」と言い、「黒くなるのは聞いたことあるけど、白いのは知らない」とつづけた。


<解釈その2>
耳・・・一般に、しっかり聞きましょう。耳を澄ませましょう。
白・・・一般に、真実、清らかさ、神の光、保護、導き。(ケイシー解釈)無知、衰弱。
紙・・・一般に、自分を表現する手段。書くこと。

        • -

【洞察】
1.真実や導きを聞くための能力(Clairaudience)が発達してきた、という知らせ。(※耳だけ他の部位より若く見えた)
2.白紙→ 無知の知による表現が進んでいる。
3.耳が衰えている、あるいは疲れている(ヘッドホンの使いすぎ)。
4.今の作曲は、聴力を真実に近づけるために行っている(※モジュラーシンセで幅広い帯域の音を聴いている)




【今日のカード】Cow/Bull(自分を癒しはぐくむ)/Patience(忍耐・夢の途中・大天使ジョフィエル)/Pearl(心身と魂の統合・流動的に生きる)/0 The Fool -outward-(Spiritual Rescue)(自らの内に成長する可能性を持ち人生という機会が繰り広げるその完了に向かう旅を始める人。直感的な深い洞察や気づきを日常生活のなかに生かす)