その1)どこかの店から、あるドラッグストアへ異動してきたようだった。レジ作業の補助をする。ある男客のポイントカード(金色のリライト式)がちょうど500ポイントとなり、客はそれを買い物に使用して0になった。数人いた客がいなくなると、何かの用紙と万券が少し入ったクリアケースを、陳列棚の下の棚に置いた。そこにはすでに書類がいくつか並んでいて片付いておらず、若手に指導しなければと思った。他には、黄ばんだプラ化粧箱に入った「アセス」らしき歯磨き粉が一つあった。
そういえばお金を晒したままだったと気づき、クリアケースを再び見ると、店員の誰かが持っていったのか、万券だけなくなっていた。


<解釈その1>
ドラッグストア・・・過去にバイトしていたほぼ唯一の企業。曲を完成させる前後によく見ることから、商売や生業のシンボルと思われる。
金色・・・一般に、神の光、愛。あなたに授けられた天与のもの。内面に宿る偉大な宝。
【500】

  • 数秘術・・・5は今、あるいはもうすぐ起こる変化。
  • エンジェルナンバー・・・神と宇宙が、あなたが起こしている変化をサポートしてくれています。彼らはこれらの変化はあなたにとって不可欠で、安全なものだと強調しています。

【0】

  • 数秘術・・・一般に、全体、完全、循環。
  • エンジェルナンバー・・・祈りや瞑想の実践、そしてすべてを包含する神の源に関連している数字。神があなたに話しかけています。

お金・・・一般に、人生にもうすぐ変化が起こることを表している。

        • -

【洞察】
1.黄ばんだアセスは、おそらくアレンジがほぼできあがっているにもかかわらず放置していた曲のこと。長期間、在庫になっているという意味だろう。そろそろ発表せよというサイン。
2.片付いていない書類は、上記の次の曲の構想を立てる前の空のファイルが、フォルダにいくつかあることを指しているを思われる。煩雑なので、現行曲の後に完成させて身の回りをクリアにする必要があるだろう。
3.変化(は不可欠である)→完全。養生をやめて動きなさい。曲を完全にして発表しなさいということであろう。
4.万券がなくなったのは、早くしないと金銭的好機を逸するという意味かもしれない。




その2)家族や親戚の者たち(見知らぬ婆さんまでいる)と、旅先のホテルの一室にいた。これから何かの講義があるらしく、テキストのような冊子が部屋に積んであった。一行は会場へ行くため、まずロビーに出た。そこには三角屋根つきのテーブルがあり、俺が前の旅で忘れてきたものが置いてあった。送り主は、院のとき属していた研究室のK教授。手前の方にはチョコレート菓子などがあり、屋根の下にはある神社のお守り(隅に小さく400円と書いてある。こっちはホテルの売り物かもしれない)があった。菓子は講義の後でいただくけれど、お守りはいろいろ持っているし、最近は物に頼らない主義なので必要ないと思った。
一族の者たちは、かなり気合いが入っていて、周りにいた誰かに「研究会にでも行くんですか?」などと訊かれたような気がする。


<解釈その2>
チョコレート・・・一般に、自分に与えるご褒美。栄養を与えることが必要。
お守り・・・一般に、精神的な力を手に入れようと努力すること。自分の内奥からではなく、自分以外のものから答えを得ようとすること。役に立つかどうかわからない、たわいのない迷信、信奉するもの。
【400】

  • 数秘術・・・4は完全にバランスをとること。
  • エンジェルナンバー・・・あなたには神と天使との美しい、はっきりとしたつながりがあります。神聖な愛と導きにあなたの心は開かれています。
        • -

【寝る前の思考】南米風の曲の前半が浮かび、記憶しておこうと何度も頭の中でくり返した。
【洞察】
1.曲を書く前に、内なる側面の一族を総動員して、南米曲の研究をせよということか。
2.前の旅の忘れ物→ 曲を書いた後に、自分に褒美や栄養をやるのを忘れたということだろう。南米曲の研究をして、曲を書く前に、褒美や栄養をやる必要があるかもしれない。(K教授が送り主だったのは、直前の曲が、ポップスではなく自己探究的なものだったからと思われる)
3.神や天使、つまりは自己とのつながりがあれば、精神力は関係ないということか。(本当にやりたい曲、やるべき時がわかっていれば、創作で疲れることはない)




その3)旅先から家に帰る途中、ある建物に入りトイレを探した。半地下の部屋へ降りていくと、そこは小さなライブハウスになっていた。俺はライブ最中のステージのすぐそばを申し訳なさげに横切り、トイレとおぼしき部屋に入った。しかし、そこは出演者たちの控え室で、トイレは階段を下りてさらに下の部屋にあるようだった。
控え室は見知らぬバンドマンらしき男ばかり。どうしようか考えているとき、実家の鍵を取り落とし、鍵が粉々に割れてしまった。俺は急いで破片をかき集めたが、そこにはアリがたかっていて、手や口にまとわりついたりして、とても煩わしかった。
鍵屋に持っていって治ればいいけど…近所の鍵屋より地元の方にしよう…などと考えた。控え室の床を見ると、丸っこいゴキブリなど何種類かの虫が大勢たかっていて、鬱陶しかった。


<解釈その3>
トイレ・・・一般に、取り除くこと。不必要になった過去の体験を浄化すること。解放すること、手放すこと、許すこと。
鍵・・・一般に、内奥の気づきから得る情報。真実の扉を開く鍵。知恵、知識。(ケイシー解釈)宇宙の法則を理解するための自覚的知識。安全を保証するもの。ある状況に対する解決策や解答。
虫・・・一般に、小さなものに悩まされている。ちょっと迷惑なこと。
アリ・・・一般に、勤勉、多忙。迷惑なもの。自分の個性を失うこと。

        • -

【寝る前の思考】やりたいRPGが発売されるので、3DSを買ってもよいか。
【洞察】
1.市販のゲームは不要な過去であり、手放すようにということ。あるいは、感情を誤った方法(下へ向かっている)で解放すること。
2.音楽活動を横切り、煩わしいものにとりつかれ、真実への鍵(自己へ帰る鍵)が破損することになるだろう。そうなれば、鍵の修理には時間や労力がかかり、足下がさらに煩わしくなる(イライラすることか)かもしれない。




【今日のカード】Sunfish(好奇心・ワクワク)/Prioritize(優先順位をつける・大天使メタトロン)/Unakite(自分の行動を無条件に愛する・男女性の調和)/42 Nine of Cups(Harvest)(喜び、強烈さ、自己意識と自己認識。ハートの願いが叶えられる可能性。歓びのともなう自発性。収穫)