大通りの間にある都会の公園に出ると、カフェのそばで少年たちがコーヒーを飲んでいた。すごくうまそうな香りがした。緑地では猫たちが戯れていた。また、大きなインコが小さなインコを子供のように世話をしていた。そこで誰かの解説が入った。「近くを飛ぶ他の鳥が、ちょっとでも膝を曲げて爪でものをつかむ仕草を見せたら、インコは子供を守るために、飛びかかっていく」のだそうだ。
鷹が侵入してくると、インコは勇敢に飛びかかり、二羽はしばらく空中でもみあった。やがて双方力尽きたのか、地面に墜落してしまった。


<解釈>
公園・・・一般に、美、気晴らし、元気を回復するところ。リラックスする時間。幸福感と自己評価の投影。
カフェ・・・一般に、栄養を補い、気持ちを伝え合う必要性。必要なものを分かち合うこと。
コーヒー・・・一般に、くつろぎ、刺激、鎮静。
香り(匂い)・・・一般に、経験の質、アイデア。いい香りなら、役に立つアイデア
猫・・・一般に、自分の中の女性的な気質。
インコ・・・子供の頃何度も飼い、故意ではないもののミスをしては死なせてしまった、自分にとっては特別にメッセージ性のある鳥。過去の検証から、「アイデアやモチーフ(を運ぶもの)」か「創造性の状態」を表す傾向がある。あるいはインナーチャイルドの投影。
鷹・・・一般に、広大な高地から見渡し、理解すること。精神的に高まること。
落ちる・・・一般に、状況を上手くコントロールできない。エネルギーが低下している。

        • -

【現況】リラックスするとは、いったいどういうことなのか、この頃よく考える。万人もそうだが、アーティストにとっては特に必要なことであろう。ふとした導きがテレビに映ったりする(何十回も失敗したものが、ぼうっと何も考えないように意識付けしたとたんに成功したケース)。
【洞察】
1.昨日のリラックスの評価(DSのカートゲームや野球中継、F1などに集中していたため、無駄な思考が少なかった)。
2.さらなるリラックスと心の滋養が必要である。女性的なやり方がよさげ。
3.自分の子供性を、今は保護する(保つ)べきである。あるいはアイデアや創造性は温めておくように。
4.今の状況を高みから俯瞰(=大人の視点)して解ろう捉えようなどとすると、インナーチャイルドが怒ってエネルギーが低下するので、あれこれ考えたり分析すべきではない。