各人のプロフが動画になっている新型のSNSに登録したが、まだマイナーで、発展するのか?と思っている。するとどこからか、長澤まさみがやってきて、急に仲良くなった。彼女はドラマの撮影時の裏話などをした後、俺の右頬にほおずりしてきた。気があるのかと思ったが、女の子は無意識に触ってくるという話も聞いているし、内心ドキドキしながらも、見た目は平静を保つことにする。連絡先を交換し(あるいはSNSでつながり)これから仲が発展していくかもという感じだった。とはいえ、この子とつきあうようになったらファンに恨まれるかもと、若干の不安もあった。
長澤が去った後、学校にいたのかと気づき、トイレに行ったが、床がぬれていて入りにくい。俺はなぜか靴がぬれるのをきらって裸足になり、乾いたところを飛び飛びに渡って、小用を足した。


<解釈>
トイレ・・・一般に、取り除くこと。不要になった過去の体験を浄化すること。手放すこと、許すこと。
床・・・一般に、基盤、支え。汚れているならよい基礎を築いていない。

        • -

【洞察】新SNS長澤まさみも、新しい要素で、なんの象徴かまだよくわからない。恋の予感は何か前向きな新しい出来事の象徴なのはたしかだろう。トイレに関しては、震災の感情についてかもしれない。心配していても事態がよくなる訳ではないので、可能な限りの寄付をしたらもう、その感情は手放し、創作家は創作業に戻っていくしかない。