実家の居間で、昔の知人に関するメールかWebをチェックしていると、庭に小さな女の子がやってきて「花がきれい」と言いながら、玄関の方へ駆けていく。呼鈴がなってドアを開けると、2メートルはありそうな大男が立っていた。男は俺の顔を見て「あれ?」と怪訝そうな顔をする。「お父さんは?」ときかれ、「去年亡くなったんです(正確には一昨年)」というと、男は「ちょっと待ってて」と背を向け、封筒にお札を入れていた。こんなときどう礼を言えばいいんだっけと、セリフを考えているうち目が覚めた。


<解釈>
庭・・・一般に、労力の産物。成長し学んだことの結果。
花・・・一般に、目標の達成。
死・・・一般に、古いものが終焉を迎えた。
お金・・・一般に、人生にもうすぐ変化がある(お札なので大きな変化)。ケイシー資料では、努力して得た利益または報酬など。

        • -

【現況】曲が完成した。
【洞察】目標の一つが達成され(特にインナーチャイルドは)喜んでいる。古いものが終わり、また次の大きな変化(曲や課題)が待っている。あるいは何らかの報酬がある。