大きなマンションの見知らぬ部屋にいる。そこで何かあったはずだが失念した。住人の夫婦にお邪魔しましたという類いの言葉を告げて、エレベーターの方へ行く。そのエレベーターはあらかじめ乗る階と降りる階を外から設定できるようになっている。俺は10と1と入力した。待っている間、知らないおばさんにエレベーターの使い方を聞かれたので教えた。入力方法が複雑で、彼女には難しそうだった。人々が並んで待っている雰囲気は鉄道駅の感じに近い。
エレベーターの上を見ると、マンションの注意事項のようなことが書かれた看板があり、長々と書いてある下の方に「人と馬とのSEX」がどうの、というイタズラ書きがあった。


<解釈>
マンション・・・辞典に項目なし。ビルの類いなら、大きなエネルギーやチャンスか。高さのある家なら、レベルの高い気づきのことか。
エレベーター・・・一般に、上るのは正しい方向、下るのは間違った方向。あるいは感情と動機を知るために、心の深い問題を調べている。今回は「家に帰る」というニュアンスがあるので、単純に下るのが悪いとはいえない気がする。
10・・・一般に、経験をともなう新たなはじまり。高度な理解の周波数。あるいは単にdegreeを表す。
1・・・一般に、新たなはじまり。神との調和、生命の融和。
看板の注意書き・・・広告の類いなら、導きによるメッセージ。
馬・・・一般に、自由、能力、性のエネルギー。
SEX・・・一般に、エネルギーや気質の一部を融合すること。

        • -

【現況】書いている曲がもうすぐできあがりそう。
【洞察】
1.まとめると、エネルギーの高い未知の場所から帰る。
2.今回の曲のエネルギーや周波数はレベル10。
3.性的能力を増す必要がある。
4.前世やカルマに関わる問題を扱っている。