その1)自分と何人かの者たちが散りぢりになって野山をさまよっている。二つの低い山を通ってきたことを、指定の場所に何か印を残して証明しなくてはならない。俺は一方の山に印をつけ、他の連中より先行していた。また、他の者たちの探索ルートに疑問を持っていた。


<解釈その1>
山・・・一般に、全体に把握する能力、明瞭、魂の気づき。

        • -

【寝る前の問い】ピアノ音源は必要か。
【洞察】答えになっているか、よくわからない。
ドリーンの本のクレアオーディエンスについての項を読んでいる。耳は相当敏感な方だと自覚しているので、二つの能力のうちの一つには気づいているという意味か。




その2)こちら側で「主婦」とか「うんち」とか呼んでいるものは、向こうでは「○○」に相当するらしい。(○○は失念したが、お金に関することだったような気もする)