きまぐれ紀行(17)〜紀伊・伊勢〜

今回は多忙につき、コメント短めで(汗)

4/6(月)高野山

写真は「大門」
密教の聖地ということで、森閑とした感じを妄想していたが、観光用に真新しくドレスアップされた宗教都市だった。ツアー客だらけだし、車がバンバン通るし、雰囲気があるのは奥の院への参道だけだった。


4/7(火)白浜・串本

「三段壁洞窟」
海が凪だったせいで、洞窟の迫力はイマイチ。

千畳敷
おもしろい地形だったが、バカップルの落書きだらけで感動は半減。

橋杭岩
さすが写真家の人気スポットというだけのことはある。夜明けだったら最高だったのに。

「潮岬」
特になにがあるというわけではないが、本州最南端。陸地の端っこというのは、どこへいっても哀愁がある。


4/8(水)熊野

熊野那智大社」「青岸渡寺
寺のほうは紀州でも有数の古い建物で、見た瞬間に圧倒される雰囲気を感じた。

那智の滝
朝っぱらから観光客でごったがえしている。落差のある名瀑だが、滝つぼに近づくには300円かかる。

鬼ヶ城址」
松本峠をのぼっていくと途中から別れて崖の上に出られる。たしかに、湾に入ってくる船が一望でき、要塞を築くには最高のロケーションだ。


4/9(木)伊勢・鳥羽

伊勢神宮(内宮)」「おはらい町」
朝8時くらいだとツアー客もいなくて、静かに参拝できる。

鳥羽水族館
見せ方も規模も最高レベルの水族館だと思う。じっくり見たい人だと、一日でまわれるかどうかわからない。
<おまけ動画>


4/10(金)志摩

「大王崎」
絵描きの街として有名らしい。古い階段や急坂、崖や港に灯台と、条件がそろっている。