幻想水滸伝ティアクライス出版社/メーカー: コナミデジタルエンタテインメント発売日: 2008/12/18メディア: Video Game購入: 7人 クリック: 42回この商品を含むブログ (97件) を見る

最近のRPGにしては、ストーリーはそれなりに考えていると思う。戦闘システムはあまりにクラシカルすぎてすぐ飽きる。パズル的要素もほとんどないし、選択できる人数が多いというだけでゲーム性は低い(自由度が低くてシミュレーションっぽい)。豪華声優陣は臨場感にあふれていたが、なにせキャラが饒舌すぎて脚本がダメ。Aボタン押しまくって親指が痛い。自分なら全台詞のうち1/3はカットする。あと、どうせ108人集めるのなら、108人いないとクリアできない条件をつけるとかしないと、どうでもいいキャラを集めたって楽しくはない。最初の20時間は楽しめるが、後半の20時間は早く終わってほしい感じだった。★☆☆