宇宙からの帰還 (中公文庫)作者: 立花隆出版社/メーカー: 中央公論新社発売日: 1985/07/10メディア: 文庫購入: 5人 クリック: 32回この商品を含むブログ (56件) を見る

こういった宇宙飛行士のインタビューを聞いていると、人類の未来にとって大事なことは、言葉や理屈で直に説明できることよりも、体験を通してでしか得られない感覚(多くは神秘的な)のほうが比重が大きいような気がする。宇宙飛行士が感じたことも、広義の意味での宗教も、哲学も、表現は違っていても一つのことを示しているという考え方は非常に刺激的だった。自分は宇宙に行ったことはないが、彼らが宇宙体験を通じて伝えたいことの断片を地上にいながらにして既に持っていたらしく(想像力がゼロでなければ誰でも持っていると思うが)、「いいたかったのは、それだよ、それ!」などと、それまで潜在下にあったものが、彼らによって代弁されることで、すっきりしたり、より理解を深めたくなったことが多くておもしろかった。★★★