ヤバい。おもしろすぎる。完璧に打ちのめされた。決して交わることのない二つの時間軸をつなぐ話は、頭の隅でいつかやりたいと思っていたし、実際、小説を書き始めたときに扱ったのも似たようなネタだったのだが、これは自分が考えているより数百歩も先を行く作品であった……orz。
過去のたった一つの事象を変えたことによって、30年の隔たりを超越して、歴史が次々と変わっていくシーンは、ゾクゾクと興奮のあまり溢れ出す涙(スマン、体質だw)を禁じえない。とてつもない構成力に脱帽した。
俺はこういうお話がすごく好きなんだと、再認識させられた。初心を思い出した。これを超えるものをいつか作ってやろうと思う。と同時に、超えなければいけない壁の高さとぶ厚さに、頭を抱えたくなるのであったw。★★★