男鹿和雄展

ジブリ映画の背景で知られる男鹿和雄展(東京都現代美術館)に行ってきた。
ジブリの美術にはいつも感心していたが、生の絵の迫力はやはり圧巻!水彩画なのに信じられないくらい緻密な絵。それでいて単なる写実的な絵でもなく、現実や写真などよりも説得力があるのが彼の魅力なのだろう。ジブリの絵も魅力的だが、昔の仕事「幻魔大戦」の荒廃した世界の絵なんかも良かった。展示数がすごく多くて(これで1100円はお得すぎるるる)、じっくり見ていたら全部まわるのに4時間近くかかってしまった。
開館時間に合わせていったおかげで、先着特典ポスターげっちゅ(今日がもらえる最終日だった)。


男鹿和雄
http://www.ntv.co.jp/oga/