希有な才能を持っていながら、それを自分や世のために発揮しようとしないのは果たして罪なことなのか。できるからといって誰かに押し付けられた道を行けばきっと後悔することになるだろう。一番重要なのは、才能ではなく、自分ととことん向き合って納得できる生き方を見つけること。それに尽きる。★★☆