薬屋でバイトしていた。次のシフトを決めなくてはならなかった気がする。
高校時代の友人TGなどが前回の試験の成績を見せてきた。彼らは優秀なようだ。一方、俺は成績が悪く「人生でこんなに投げやりになったことはない」みたいなことをいって、やる気がなかった。


<解釈>
薬屋・・・(独自解釈)以前に勤めていた唯一の仕事。曲を書き始めたり完成する前後に見ることが多く、対応する商品があることから、生業を示していると思われる。リアルでは自分に相応しくない仕事だったが、夢判断の素材としては的確で役立っている。(追記)ブランクの時期にも見るので、作品毎というより、生業自体の健康の話かも。
テスト・・・(ベサーズ解釈)成長の学びのためのチャンス。

        • -

【現況】曲GCを完成させた。
【洞察】
1.曲の出来が悪かったとは思わないし投げやりになった覚えもないのだが、これはどういうことなのか。
2.(本当は優秀だが)自己評価が低すぎるということなのか。
3.またしばらく曲を書かないということなのか。

アンゴルモア 元寇合戦記(7) (角川コミックス・エース)作者: たかぎ七彦出版社/メーカー: KADOKAWA / 角川書店発売日: 2017/03/10メディア: Kindle版この商品を含むブログ (4件) を見る